カードレビューズ

キャッシュレスまとめ・ポイント情報・お得なキャンペーン

au PAY 20%還元キャンペーンのポイントと留意点【上限7万円分】仕組みを分かりやすく図解

2月1日から3月29日まで、au PAYの最大20%還元されるキャンペーンが開催されます。

還元上限はひとり7万円分という大型キャンペーンになっています。(※追記:条件変更で1日6000円が還元上限になっています)

中身をチェックしてみましたが、一見、カイジのゲームのようなルールにも見えますが、期間中は、総額70億円を奪いあう火の7週間になるのではないかと予想しています。

公式のアナウンスです。 

誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン | au

 

早速、第3週目については、24日に再スタートします。

この記事では、このキャンペーンの仕組みを分かりやすく図解し、au PAYの最大20%還元キのポイントと留意点を紹介します。

目次

 

au PAYの最大20%還元キャンペーンのポイント

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要です。

  • 期間:2月10日(月)~3月29日(日)の7週間
  • au PAYのコード支払いとスキャン支払いが対象
  • 利用金額の20%ポイント還元
  • 還元上限は7万円相当
  • 利用後2ヶ月後までに付与
  • 期間によりポイント還元上限額が変わる
  • 毎週10億円先着での還元(総額70億円)

 

 キャンペーン期間は、2月10日~3月29日の7週間になります。高還元率で2ヶ月近く続きます。

au PAYのコード支払いとスキャン支払いが対象が対象となります。

利用金額の20%が還元されます。au WALLETポイントでの還元となり、200円(税込)ごとに、通常1ポイントのところ40ポイントがもらえます。

 

還元上限は合計7万円相当で、期間によりポイント還元上限額が異なります。

 期間ごとの還元上限ポイントです。

期間 還元上限ポイント
ステージ1(2/10~3/1) 3万円相当
ステージ2(3/2~3/22) 3万円相当
ステージ3(3/23~3/29) 1万円相当
合計 7万円相当

 

還元ポイントは、利用の約2ヶ月後に付与されます。

全キャンペーンは、1から3までの3ステージで構成され、還元上限は、期間ごとに、それぞれ3万円分、3万円分、1万円分の合計7万円相当分となります。

また、条件追加により、1日6000円分が上限となっています。

 

auの還元予算は、総額70億円分で、毎週10億円が配分されます。この10億円は先着順で、予算に到達すれば、そこで終了です。

言葉ですと、分かりにくいところもありますので、図解してみました。

キャンペーンの仕組み(カイジのゲームなのか?)

ステージ1を例にしたキャンペーンの仕組みです。(2月14日更新)

キャンペーンの仕組み(2月14日更新)

ステージ1は、3週間で構成され、それぞれの週で、予算10億円が配分されます。

月曜からスタートし、参加者に還元するポイントが10億円に達しますと、そこでその週は終了です。

2週目も3週目も同じようにスタートし、予算に到達すれば終了です。

そして、ステージ1でのおひとり様の還元上限は3万円相当のポイントになります。対象となる利用金額の上限は、15万円になります。

ただ、1日6000円分の上限がつくため、1日の利用上限は、約3万円が利用上限になります。

 

 

一見、カイジのゲームようですが、実は、PayPayの100億円キャンペーンの時にあったような早期終了はなく、7週間は確実に続くと考えることもできるのではないかと思います。

毎週チャンスがあるわけですね。

予算に到達しそうな場合、終了時刻がau PAYアプリで告知されます。

 

 全体のスケジュールも見てみましょう。

全体スケジュール(火の7週間)

全体スケジュール表です。(2月14日更新)

全体スケジュール表(2月14日更新)

全体としてみますと、2月10日から3月29日までの毎週、10億円分のポイントが供出され、それを早い者勝ちで獲得するというルールですね。

当然、一般ユーザーの他にも、せどり系の玄人筋も参加してきますので、わりとホットな7週間になると思います。

 

 

また、この期間中、各週のau PAYの早期終了状況によって、コンビニでのお得なスマホ決済ランキングも目まぐるしく変わると思いますので、最新のランキング早見表をこちらのツイッターアカウントで更新しています。

 

 

 

ルールのイメージはこんな感じですが、どこで使えるかも重要です。

au PAY 20%還元対象のお店

20%還元対象のお店です。

 

f:id:nobujirou:20200207111316j:plain

 

 コンビニから飲食チェーン、ドラッグストアまで揃っています。

 

 続きです。

f:id:nobujirou:20200207111334j:plain

 家電量販店や人気ショップもリストされています。

今回は、還元上限が多いために、家電量販店が主戦場になるのではないかと思いますが、コンビニ、ドラッグストアは鉄板で、東急ハンズや宿泊施設の東横INNも入っていることは見逃せないですね。

細かく見ると、GEOや快活CLUBが入っていたりと、マニア筋のニーズにもこたえています。

 

PayPayが100億円キャンペーンを始めた時に人気の高かったのは、ディズニーチケットですね。これも対象になります。(dポイントカード提示でのdポイントはチケットは対象外と考えるのが安全)

決済方法は違いますが、こちらの記事で、ファミマやローソンでのチケット購入法を紹介しています。QRコード決済での買い方は、基本的には同じです。 

www.card-reviews.com

 

au PAYが使えるコンビニ

こちらの記事で、au PAYの使えるコンビニでのスマホ決済の還元率ランキング(サミット除く)を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

au PAYが使える家電量販店

こちらの記事で、au PAYの使える家電量販店でのスマホ決済の還元率ランキング(サミット除く)を紹介しています。  

www.card-reviews.com

 

au PAYが使えるドラッグストア

こちらの記事で、au PAYの使えるドラッグストアでのスマホ決済の還元率ランキングを紹介しています。   

www.card-reviews.com

 

還元率をアップする方法です。

au PAYの還元率を40%にアップする方法

au PAYは、20%還元ですが、20%還元キャンペーン中のクレジットカードでチャージすることで、2重取りとなり、40%還元となります。

丁度、2月3日から、三井住友カードの20%還元キャンペーンが開催されています。(還元上限は12000円)

現在、 三井住友カードをお持ちでなくて、2019年3月以降の発行履歴がない方が対象となります。

今回は、特に、年会費無料になる大チャンスとなっていまして、スタンダードカードですと、年会費は1250円(税抜)になります。これが永年無料になるわけですね。

 

au PAY20%還元と三井住友カード20%還元のスケジュール関係です。

f:id:nobujirou:20200209193808j:plain

 

三井住友カードは、ネット申込みで最短翌営業日の発行となり、実際に、お手元に届くまでは1週間程度となります。

au PAYのキャンペーンは、3月29日の開催のため、現在の申込みですと、十分に間に合うスケジュールとなっています。 

キャンペーンの特典や詳細はこちらの公式ページになります。

ご利用金額の20%最大12,000円プレゼント-三井住友カード

  

また、au PAYの公式サイトでは、三井住友のVISAでのチャージは対応外となっていますが、実際には可能であるといったau公式アナウンスが出ており、マスターカードだけでなくVISAでのチャージも可能となっています。(※2月13日現在できなくなっているようです。)

  

  

三井住友カード20%還元キャンペーンのポイントと留意点は、こちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

   

ファミマとローソンの金額別還元率は?(最大40%)

ファミマとローソンで、dポイントカードを提示し、au PAYで、200円の倍数で支払った時が、最大40%還元となります。

また、決済金額によって、還元率はかなり変わりますので、こちらの記事で、金額別に還元率を細かく算出しています。

www.card-reviews.com

 あと20円足した方がポイントがもらえて実質安くなるなどの場合の参考になるかと思います。

 

郵便局で切手やレターパックも20%還元?

郵便局でもキャッシュレス決済できるようになりましたので、au PAYが利用できます。

切手やレターパックもau PAYで決済できるため、現在のところは、20%還元で買えてるみたいですね。ただ、金券類にあたるため、個人的にはグレーゾーンの印象は持っています。

(追記:条件変更により、郵便局の利用は対象外となりました。)

 

複数アカウントの参加は可能?

au PAYは、au IDを作成してログインしますが、au IDの複数アカウントの作成は規約でも可能になっていますので、別回線で、チャージ系統を分ければ、複数アカウントでの参加は、仕組み的には可能になっているのではないかと思います。

ただ、au IDの規約には、「公序良俗に反しない」ということが書かれていますので、常識的な範囲内で、自己責任での参加になるのではないかと思います。

こちらの記事でも、au IDの規約に触れています。 

www.card-reviews.com

 

条件変更後はAirPods proが人気 30580円税込

条件変更後は、利用上限が3万円程度となりましたが、AirPods proはこの金額でも買えるため人気なようです。

 

 

 

 

au PAYの始め方

au PAYの始め方はこちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

  

クレジットカードでチャージする場合の留意点

クレジットカードでチャージできる金額は、月に25万円分になります。(1回は、45000円)

au PAYのクレジットカードのチャージは、マスターカードとアメックスは無条件でできますが、VISAやマスターカードは、発行会社により制限がかかります。 (三井住友VISAカードは、実際には可能)

利用可能なクレジットの条件です。

f:id:nobujirou:20200207123459j:plain

 

こちらの公式ページに詳細があります。

au WALLET 残高へのチャージ(入金)方法 | ご利用ガイド | au WALLET

 

キャペーンの留意点

キャンペーンの留意点です。

  

 ●キャンペーンはポイント還元総額が毎週10億円に達したら終了となり、週の途中であってもポイント還元総額が翌日中に10億円に達すると当社が合理的に判断した場合、当該判断日の翌日23:59に当該週における本キャンペーンは終了します。終了した場合、au PAY アプリ上で告知します。
●au PAYポイントアップ店のポイント還元は、当キャンペーン期間中(2/10~3/29)には還元されません。
●システム都合等で付与日が前後する可能性があります。
●特典付与時点で以下の場合は、ポイント付与の対象外となります。
∟ au IDが削除または無効となっている、もしくは譲渡・承継している場合。au ID統合によりau IDを変更された場合。
●一部店舗や商品ではご利用いただけない場合があります。
●キャンペーンは予告なく変更もしくは終了する場合があります。
●KDDIが実施する他のキャンペーンとの併用はできません(ポイント抽選キャンペーン、割引クーポンを除く)。
※割引クーポンを併用した場合、割引前の金額から20%還元いたします。
●auスマートパスプレミアム会員対象のポイント増量(1.0%相当)は、本キャンペーン期間中は、キャンペーンポイントに内包され合計20%還元となるため、決済完了時にポイント増量の表示はされません。週の途中で上限金額10億円に到達しキャンペーンが終了した場合は、次週の開催日までポイント増量(1.0%相当)の対象となります

出典:au PAY

 

同時にキャンペーンがある場合も、基本的に20%還元となるということですね。

 

詳しくはこちらのページの「ご注意事項」になります。

誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン | au

 

2月15日のキャンペーン条件変更

2月15日のキャンペーン条件変更です。

2月15日のキャンペーン条件変更

出典:au PAY

 当日終了の可能性にあわせて、郵便局での切手やレターパックの購入も対象外となりました。

 

他のキャッシュレス・キャンペーンもチェックしてみる?

当ブログでピックアップした2月のキャッシュレスキャンペーン情報です。

f:id:nobujirou:20200206111052j:plain

  

au PAYにチャージできそうなクレジットカードのキャンペーンとしては、三井住友カードの他に、イオンカード15%還元キャンペーン(還元上限は14000円相当)があるのですが、イオンカードの場合は、au PAYへのチャージは還元対象外と考えた方が安全です。

 ただ、キャンペーン対象のイオンカードセレクト(年会費無料)は、24時間365日入出金手数料無料のイオン銀行ATMのキャッシュカードとしても使えますので、時間外手数料の節約に効果的だったりします。

こちらがイオンカードセレクトの公式キャンペーンページになります。

合計最大15%ポイント還元【最大14000円相当】 - AEON CARD

   

イオンカード新規の20%還元キャンペーンのポイントと留意点は、こちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

 上表の詳しい内容は、こちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

   

 

 

関連記事 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

     

www.card-reviews.com

  

トップページ

 

スポンサーリンク