カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

生活費削減を応援する節約型キャンペーン12選【2020年3月版】

最近は、経済状況の見通しにも慎重論が出ていますので、2020年は、個人消費についても慎重さが求められる年ではないかと思います。

そこで、3月版ということで、生活費削減を応援する節約型キャンペーン12選を紹介します。

節約には、自らの創意工夫による自助努力とキャンペーンを活用した他力努力がありますが、今回紹介するプランはキャンペーン活用型の節約術になります。

 ここで紹介します12の節約型キャンペーンを活用しますと、結果として、約8万円強の生活費が削減が可能となります。 ページの後半では、チェックしておきたい固定費削減方法もあわせて紹介しています。

 目次  

 

生活費削減を応援する節約型キャンペーン12選

最初に、12の節約型キャンペーンの一覧表です。

節約型キャンペーン一覧表と削減額合計(3月5日更新)

  キャンペーンは、数々ありますが、消費者から見た節約という視点で、生活費削減に利用しやすい12のキャンペーンを選んでいます。

 

2019年は、QRコード系スマホ決済の還元率が高いアベレージとなっていましたが、2020年以降の低下傾向により、従来のクレジットカードが持つ底力が見直される時期になってきたのではないかと考えています。

 

こうした視点により、12の節約型キャンペーンを、節約をするための基本装備的なキャンペーンと、それらを活用しての確実に節約できるキャンペーンの2つに分けています。

確実の明らかになっている還元額を合計すると、約8万円強となります。

 

基本でリストしたクレジットカードを用意することになりますが、うまくやれば、ある程度まとまった金額が節約できるわけですね。

  

すでに利用済みのプランがある方もおられるのではないかと思いますが、利用状況によって、うまく活用すれば、2020年も、有効な金額の生活費を削減することが可能になるのではないかと思います。 

  

 

 

12の節約型キャンペーンの詳細

12の節約型キャンペーンは、それぞれ利用条件がありますので、個別の内容紹介になります。

【基本1】三井住友20%キャッシュバック(4月30日まで)

三井住友カードの支払いで、利用金額の20%がキャッシュバックされるキャンペーンが開催中です。 キャッシュバックは現金で還元され、上限は12,000円分となります。

対象は、はじめての方と現在お持ちでなくて、2019年3月1日以降の発行履歴がない方になります。

こちらの公式ページから申し込めます。 

ご利用金額の20%最大12,000円プレゼント-三井住友カード

 

三井住友カードを基本と考える理由のひとつは、セブンイレブン、ファミマ、ローソンの3大コンビニとマクドナルドの決済でいつでも2.5%還元となるからなんですね。

こちらが公式のアナウンスです。ポイント5倍で、通常換算で2.5%還元となります。

いつもの利用でポイント5倍!|三井住友VISAカード

 

3大コンビニならば、QRコード決済を利用した方がいいんじゃないの?と思われるかもしれないんですが、当ブログで作成している3月5日~8日までのコンビニでランキング表を見て頂くと、セブンとファミマでは、13時以降は、三井住友カードで決済した方がいい状況になっているんですね。 

詳しい内容は、こちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

   

【基本2】三井住友 年会費無料キャンペーン(4月30日まで)

 三井住友カードは、20%キャッシュバックキャンペーンと同時に、年会費無料キャンペーンも開催しています。

現在お持ちでない方が対象となり、デュアルの2枚目も年会費無料の対象となります。

デュアルと言いますのは、三井住友カードの同じ種類をVISAとマスターカードを持つことです。

 個人的にもデュアルで使っています。

f:id:nobujirou:20200305153906j:plain

 

現在、VISAをお持ちの場合は、マスターカードの申込みで、マスターカードの方は年会費無料になりますし、マスターカードをお持ちの場合は、追加で申し込んだVISAが年会費無料になります。

実際に使ってみて、両方使わないということになりましたら、年会費無料のカードをキープしておくという考えもできると思います。

 

なぜ、年会費無料に言及するかと言いますと、個人的にもそうなんですが、既存会員は、規約の変更があり、これまで使えていた年会費無料にする手法が使えなくなり、三井住友カードの年会費無料カードは価値が高まったと考えるからなんですね。 

こちらの記事でそのあたりの事情を解説しています。

www.card-reviews.com

 

 年会費無料キャンペーンのページは、20%キャッシュバックページと同じになっています、申込みで特典が適用されるという感じですね。

年会費永年無料キャンペーン-三井住友カード

 

こちらの記事で、年会費無料の対象となるカードや20%キャッシュバックキャンペーンの概要と留意点を紹介しています。   

www.card-reviews.com

  

また、カードデザインが30年ぶりにリニューアルしましたので、新デザインについては、こちらの記事でレビューしています。 

www.card-reviews.com

  

【基本3】イオンカード新規20%キャッシュバック(5月10日まで)

イオンカード新規発行で、20%キャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。最大5,000円相当のポイントがもらえます。

 申込みは5月10日までとなり、利用期間も5月10日までとなります。

 

イオンカードを基本と考える理由のひとつは、特に、イオン銀行のキャッシュカードとしても使えるイオンカードセレクト(年会費無料)になりますが、イオン銀行ATMが24時間365日入出金の手数料が無料で使えたりと、時間外手数料の節約にも効果的だからです。

現在の銀行ATMの時間外手数料は、110円となっており、これは極力払わずにすませたいですね。

その他にもイオンカードには、基本となる特徴があります。

イオンカードの特徴

簡単に言いますと、年会費無料のカードなのに、特典が盛りだくさんということなんでうすね。

イオンカードセレクトのキャンペーンページになります。

イオンカード20%キャッシュバック【最大5000円相当】 - AEON CARD

  

こちらの記事で、このキャンペーンのポイントと留意点を紹介しています。 

www.card-reviews.com

  

【基本4】dカード新規&利用で8000ポイント

以前は、d払いのキャンペーンはほとんど、dカード以外のクレジットカードも対象でしたが、現在の傾向では、多くのd払いなどのキャンペーンは、dカードでの支払いが必要となっています。  

dカードは、現在、年会費が永年無料になり、dポイント関連キャンペーンは、現在においても一定規模のキャンペーンを継続中であるため、dポイントカードとしても使えるために1枚つくっておくと便利です。

キャンペーン対象カードの詳細ページになります。

dカード【年会費 永年無料】(8000円相当プレゼント中)

 

dカードを基本と考える理由のひとつは、ローソンで常時5%オフ、マツモトキヨシで常時4%オフという特典があるからんですね。

ローソン常時5%オフのページです。

dカード、DCMXなら、ローソンでのお買物が5%おトク!

マツキヨ常時4%オフのページです。

dカードなら、マツモトキヨシでいつでも最大4%ポイントたまる!

 

 こちらの記事でもdカードをおすすめする理由を紹介しています。  

www.card-reviews.com

 

 

 目次に戻る

 

【確実5】三井住友VISAタッチ1000円無料(4月30日まで)

対象の三井住友カードでVISAタッチすると、1000円無料になるというキャンペーンです。

 こちらが公式アナウンスページです。 

三井住友カード Visaのタッチ決済キャンペーン

 

こちらの記事で、具体的な方法を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

使い方等は、こちらのツイートでもまとめています。

  

【確実6】イオンカード お客様感謝デー5%オフ(20日と30日)

全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどで、毎月20日と30日に、イオンカードで支払いますと、5%オフとなります。

イオンやマックスバリュは、夜行くと、お惣菜や食料品が30%とか50%オフになっており、お客様感謝デーは、割引商品がさらに5%オフで買えますので、生活費削減では外せないキャンペーンになっています。

お客様感謝デーのアナウンスページになります。

毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」|イオンカード 

 

イオンカードのクレジット払いが対象ですが、電子マネーWAONの支払も5%オフの対象になります。

イオンカードの利用では、ときめきポイントが貯まりますが、WAONに交換して、お客様感謝デーに使うとポイントが有効利用できます。

こちらの記事中で、ときめきポイントを電子マネーWAONに交換する方法を紹介しています。 

www.card-reviews.com

  

【確実7】ローソン Apple Pay dポイント7%還元(4月17日まで)

ローソンで、dポイントカードを登録したApple Payで支払うと、ポイントが7倍(7%)になるキャンペーンが、4月17日まで開催されています。

こちらがキャンペーンページになります。

ローソン Apple Payのお支払いでdポイント7倍キャンペーン

 

dポイントカード提示のキャンペーンなので、支払い方法は、iDでもQUICK PayでもSuicaでもいいわけですが、dカードのiDで支払うと、還元率を13%にすることができます。

こちらの記事で、13%にアップする方法を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

【確実8】マツキヨdポイント20%還元(3月31日まで)  

マツキヨdポイント20%還元のエントリーページはこちらです。

マツモトキヨシ 先着100万名様限定! dポイント20倍キャンペーン!

    

【確実9】d払い生活応援キャンペーン(3月31日まで)

12月2日から3月31日まで、d払い生活応援の合計10%還元キャンペーンが開催されます。5%の消費者還元店で、5%のdポイントが加算されます。対象はdカードになります。

1回あたりの還元上限は500ポイントで、期間中の還元上限は2000ポイントになります。

d払い 生活応援10%還元キャンペーンは、こちらのページで、キャンペーン内容の確認やエントリーができます。

d払い 生活応援キャンペーン | d POINT CLUB

   

【確実10】au PAY 20%還元(上限7万円)

2月10日から開催されるau PAY20%還元は、auユーザーでなくても利用できるキャンペーンとなっており、合計の還元上限が7万円と、最近にはない大判振る舞いの内容となっています。

各週のスタート日で終了する実態と一日の還元上限が6000ポイントに条件変更されたことが留意点になります。

こちらの記事で、このキャンペーンのポイントと留意点を紹介しています。 

www.card-reviews.com

  

【確実11】メルペイフィーバー&サンデー (3月31日まで)

3月1日から、最大50%還元のメルペイフィーバーと最大20%還元のメルペイサンデーが開催されています。 

 

公式ページには、各条件が色々と書かれていますが、それを1枚の表にまとめてみました。

メルペイフィーバー&サンデーの条件

一見、複雑に見えますが、利用ジャンルとそれぞれの属性ごとに、還元上限やスケジュール等の条件を見ていくと簡単です。

それらで獲得するポイントの合計が3000ポイントという仕組みです。

 

 こちらの記事で、スマート払いと残高払いの違いから、メルペイフィーバー関連情報をまとめています。

www.card-reviews.com

 

こちらがキャンペーンページです。

メルペイフィーバー・メルペイサンデー開催!

  

メルペイフィーバーがあといくらまで使えるかの確認方法を紹介した記事です。 

www.card-reviews.com

 

メルペイがまだの方は、「 BZSEBE 」 の招待コードを入れていただくと、新規登録で500円分、本人登録で1000円分、合計1500円分のポイントがもらえます。

こちらのページからのアクセスです。

メルペイに登録すると、1,000円分ポイントが必ずもらえる!すすメルペイ友達招待キャンペーン第2弾 

      

メルペイの始め方はこちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

【確実12】PayPayスーパー10%還元(3月31日まで)

対象のスーパーで、3月31日まで、10時から14時の間、PayPayの支払で、10%還元となります。

1回の還元上限は、500円分、トータルでの上限は3000円分になります。

ソフトバンクユーザー、ワイモバイル、ヤフープレミアム会員は10%還元となります。

残高払いが対象となり、通常会員は5%還元となります。

こちらがキャンペーンページになります。

10時~14時がおトク!春のスーパーマーケット大還元祭 - PayPay

    

固定費の削減も有効

生活費の削減では、固定費の削減も有効となります。

チェックしたい固定費削減方法になります。

楽天モバイル UN-LIMIT【1年目無料】最大20800ポイント還元

 楽天モバイル UN-LIMITも、1年目無料と、固定費の削減に有効なプランが提示されています。

楽天モバイル - トップページ

 

ただ、使い放題のエリアが3大圏に限定されるなど、チェックしておきたいポイントが幾つかあります。

こちらの記事で、実際の申込方法を通じて、楽天モバイルのポイントや留意点を紹介しています。

www.card-reviews.com

 

スマホ代はポケットWi-Fiを契約した方が安い場合も

モバイルでノートパソコンやタブレットを使うことが比較的多く、ポケットWi-Fiを利用しています。

以前は、スマホのデータ容量を大きめで契約して、ポケットWi-Fiはライトプランにしていましたが、比較検討した結果、現在は、スマホのデータ容量は極力おさえ、ポケットWi-Fiを実質使い放題に近いプランにしています。

スマホも、ポケットWi-FiのWi-Fiで利用していますので、金額的にも安くなっています。

こちらの記事で、個人的な事例を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

 

 

 関連記事  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

    

www.card-reviews.com    

トップページ

 

スポンサーリンク