カードレビューズ

お得キャンペーンまとめ・ポイント還元

三井住友カードのデザイン ビフォー・アフター(感想・レビュー)現在から未来へ

三井住友カードが30年ぶりにリニューアルしました。

この記事では、三井住友カードの新デザインをざっくりと紹介し、三井住友カードをこれまでどのように使ってきて、現在はどういうイメージで使ているのかを、個人的な事例というかたちで紹介したいと思います。

目次

 

三井住友カードの新デザイン

表面のデザイン 

三井住友カードの新デザイン 表

新カードの表デザインです。

旧デザインのパルテノン神殿がなくなって寂しいという声も聞きますが、明らかにカッコよくなりましたね。

表面には、ローマ字で、カードホルダーの名前が印字されるだけのシンプルさです。

 これは、従来のクラシックカードですが、新デザインとともに、カード名称も変わりました。

 

個人的には、VISAとマスターカードのデュアルで使用しています。

稀に、どちらかが使えない場合でも、VISAとマスターカードの両方を持っているとほぼカバーできるというメリットがあります。

機能的な違いとしては、VISAは、非接触決済のVISAタッチが使えます。券面のウェーブマークがVISAタッチのアイコンになります。

 

裏面のデザイン 

三井住友カードの新デザイン 裏

新カードの裏デザインです。

VISAとマスターカードで、レイアウトは違いますが、これまで表面にあったカード番号、有効期限、セキュリティコードは裏面記載となりました。(新カードの三井住友カードNLは、裏面にもカード番号の記載はありません。)

かざし決済などで、カードを出した時に、カード番号や有効期限は、人目に触れない方がいいという発想ですね。

個人情報の保護という意味でも、安全性が高まったと思います。

また、デザインだけでなく、ホログラムやブラックライトでの偽造防止マークなど、セキュリティ対策についても徹底的な処理が行われています。

 

グリーンとシルバーのどちらがおすすめ?

色については、それぞれ、グリーンかシルバーで好きな方を選べます。

シルバーの方がすり傷は目立ちにくいということがありますが、個人的には、三井住友カードのコーポレートカラーが全体に使われているグリーンをおすすめしたいと思います。

スターバックスもそうですが、最近はグリーンが好まれる傾向がでてきているということがあります。

デュアルで使う場合は、グリーンとシルバーの使い分けになると思います。

 

 

 

三井住友カードのデザイン ビフォー・アフター

以降の内容は、 個人的な事例になります。

ビフォーのイメージ

三井住友カードのビフォー

これまで使ってきた三井住友カードのイメージです。 

 以前はよく海外旅行に行きましたので、三井住友カードをデュアルで持って行ってました。どちらかかが使えない場所は確かにありましたので、助かりました。

つまり、以前のクラシックカードは、個人的には、海外旅行に持っていくイメージが強いんですね。

 

海外に行った時に大事なものは、パスポートとカードになります。

カードはパスポート以上に身分保障になる場合がありますし、現地でホテルを探すのがほとんどでしたので、持ってないとホテルには泊まれないのです。

次は、小型の財布とボールペンですね。 

出入国施設では、書けないボールペンしか置いてない所があるのです。

筆記具は基本はボールペンで、 パーカーのジョッターが一番書きやすいです。 現在もジョッターが最高かなと思っています。

財布はブリーのなめ皮の財布で、使い込んでいるうちにこんな色になりました。

部屋に荷物を置いておくと、盗られる可能性もありますので、南京錠もいりますね。

あとは、現地のキャッシュカードぐらいですね。 

個人的な三井住友カードのビフォーは、海外でも使える信頼性とか実用性のイメージを持っていました。

 

アフターのイメージ

三井住友カードのアフター

 現在使っている三井住友カードのイメージです。

メインの持ち物はスマホですが、かばんがある時は、iPhone(X)とアンドロイド(Pixel 3)を持ち歩くことが多いです。決済関係もほぼスマホです。

iPhoneは、電源をオンにして、タッチIDとかフェイスIDで決済する必要がありますが、アンドロイドは、電源オフでもリーダーにかざすだけで決済できますので、財布代わりに便利です。

万年筆は、モンブランのスターウォーカーですが、デザインが好きで、インク色を変えて、2本持ち歩いています。カートリッジなので、手は汚れません。

カードは、Apple PayやGoole Payで使えるようにしてますので、持ち歩かなくてもいいのですが、カード番号や有効期限、セキュリティコードを確認する機会は度々あり、財布に入れて持ち歩いてます。

財布は、かばんに入れっぱなしなので、何年経ってもきれいなままです。

 

ライフスタイルの変化とともに、持ち物のデザインが一新して、三井住友カードのデザインが完全にマッチしましたので、今回のリニューアルは、個人的には、時節に適ったものという印象を持ちました。 

 

変更カードが送られてきた時に、ペーパーに書いてあった説明です。

新しいカードには、未来を映し出す光と足元を照らす光をデザイン。

お客様が歩む、希望ある未来を、輝きを放つ1枚のカードに表現しています。

 未来を映し出す光と足元を照らす光がデザインされていたんですね。

  

NLと比べた場合の三井住友カードのメリット

大きくは2つメリットがあります。

利用代金明細書が郵送

三井住友カードNLは年会費無料ですが、WEB明細専用カードのため、利用代金明細書が郵送ではなくWEB明細になり、紙の明細書は手続きしても発行できません。

WEB明細をプリントアウトすれば、郵送される紙の明細書と実質上は同じと言えますが、やはり、毎月、紙の利用代金明細書があった方がいいという方には、三井住友カードがメリットがあります。(明細書手数料99円/年)

 

スタンダードカードの年会費は、年1,375円(税込)になりますが、年間100万以上の利用で半額、300万以上で無料になる等の複数の割引方法が用意されています。

 

カード利用ポイントが1%(NLは0.5%)

三井住友カードNLの還元率は0.5%ですが、三井住友カードの還元率は1%あります。

例えば、年間30万円以上カード利用される場合の還元ポイントを比較してみましょう。

  • 三井住友カードNL → 1500円相当のVポイント
  • 三井住友カード → 3000円相当のVポイント

NLと三井住友カードの還元ポイントの差は、1500円分となり、差額分が年会費の金額を越えてしまうのです。(27万5千円で同じになります。)

また、三井住友カードで貯まったVポイントは、Vポイントアプリを通してiDで使えるため、現金同様に使うことができます。

 

年間27万5千円以上利用する場合はNLよりお得

年間27万5千円以上カード利用される場合は、三井住友カードNLより、三井住友カードの方がお得になります。

 

セキュリティに優れたカード

三井住友カードの特筆すべき点として、セキュリティ面で優れていて、犯罪や詐欺などの悪用対応を24時間チェックしています。

イレギュラーな利用があった場合、カード会社から問い合わせがあったり、一時的な利用停止措置をとってくれます。(個人的には何度もありました。)

某アジアでカードを使った時に、カード情報が悪用されて、身に覚えのない大きな金額の明細があったことがありますが、三井住友カードに問い合わせると、取消してくれたこともあります。

こうした理由から、個人的には、三井住友カードの信頼性の高さから、継続して35年以上持ち続けています。

 

 三井住友カードの詳細はこちらのページになります。

三井住友スタンダードカード

三井住友VISAカード・お申込はこちら

 

 

 

関連記事   

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

     

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク