カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

auユーザー以外がau PAYを使う3つのメリットと注意点 / auからのMNPは使えない場合も

スポンサーリンク

8月29日からauユーザー以外もau PAYが使えるようになりました。

ただ、auユーザー以外がau PAYを使うメリットがあるのでしょうか。

個人的には、ドコモユーザーですが、早速、使えるようになったばかりのau PAYを使ってみました。

結論的には、au PAYは、auウォレットにマネーフォワードが組み込まれていますので、一元的なお金の管理ができるメリットがあります。

このエントリーでは、 auユーザー以外がau PAYを使う3つのメリットと注意点(使えない場合)を紹介してみたいと思います。

目次

 

ドコモユーザーだけどau PAYを入れてみた

au PAYを入れるには、auウォレットのインストールが必要になりますが、先に、au IDをつくっておく必要があります。

こちらのページです。

TOP | au ID

こちらのページからau IDの新規登録を行います。

メールアドレスを入力して、アドレスの認証を行い、その次に、パスワードと生年月日を入力するだけの簡単さです。

 

au IDを作成しましたら、アプリストアからauウォレットの最新版をインストールします。

「au WALLET」をApp Storeで

android(アンドロイド)|アプリ - auスマートパス

(Androidは、auスマートパスからauウォレットをインストールします。)

インストール後、au IDでログインします。

ログイン後、名前、住所などの個人情報を入力して、使い始めることができます。

こちらの公式ページで、インストール方法の説明があります。

スマホでお得にお買い物|au PAY

 

au Payをローソンで使ってみた

これがauウォレットのホーム画面です。

auウォレットのホーム画面

画面下中央のau PAYボタンをタップします。

 

タップ後の画面です。

au PAYの画面

この画面を見せて、「エーユーペイで」とお店の人に伝えて、バーコードをリーダーで読み取ってもらいます。

 

その前に残高へのチャージが必要ですね。

画面上にチャージボタンがありますので、タップします。

複数のチャージ方法が示され、ボタンをタップすると、方法の説明が出ています。

 

この事例では、セブン銀行でチャージしてみました。

画面の指示に従うだけなので簡単です。

チャージ後の画面です。

au PAYをセブン銀行でチャージ

セブン銀行ATMでは1000円からチャージできます。

 

では、ローソンで使ってみましょう。

「エーユーペイで」とお店の人に伝えて、バーコードをリーダーで読み取ってもらうだけです。

au Payをローソンで使ってみた

 簡単に決済されました。200円に1ポイントのウォレットポイントもついています。

 

設定しながら、いくつか特徴が見えてきました。

次の3つのメリットで紹介します。 

 

 

 

au PAYを使う3つのメリット

 1つ目のメリットは、auウォレットには、マネーフォワードが組み込まれていて、個人的なお金の使用履歴が一元管理できるんですね。

1.マネーフォワードでお金の一元管理

 具体的に見てみましょう。

au PAYの画面です。

au PAYの画面

画面下のお金の管理をタップします。

ここから、銀行口座やクレジットカードが登録できるんですね。

 

とりあえず、ヤフーカードとイオンカードを登録してみました。

マネーフォワードでお金の一元管理

イオンカードは設定を調整する必要がありますが、これらのカードが、カード番号ではなく各IDによる連携なんですね。

ヤフーカードならヤフーID、イオンカードならイオンスクエアID、dカードならdアカウント、JCBならマイJCBといった感じですね。

 

とりあえず、登録したばかりのヤフーカードのボタンをタップしてみましょう。

au PAYで他社スマホ決済の利用履歴を管理?

タップ後の画面です。

PayPayの利用履歴

なんと、au PAYの中に、PayPayの利用履歴がズラズラ~っと出てきてしまったのです。PayPayにヤフーカードを登録しているのでこうなってしまうんですね。

 

実は、このユーザーの利用履歴から、PayPayが使い続けられることが分かってしまうんですね。

まず、PayPayの営業マンが、粉もんやホルモンなど、わりとB級グルメの分野を果敢に攻めているんですね。(ちなみに、履歴のお店は、すべてワクワクPayPayの対象店ではありません。)

つまり、PayPayのお得キャンペーンで、PayPayのキャンペーンを一度でも利用した人が、自分の行きつけの店でPayPayのマークを見つけると、思わずPayPayで払ってしまう傾向があるんですね。食は習慣なので、使い続けられるというわけです。

  

同じように、登録できるカードをauウォレットに登録しますと、au PAYで、お金の一元管理ができてしますんですね。 

ただ、ユーザーがどの程度、au Payに、クレジットカードや銀行口座を登録するかは、au Payが今後、打ち出すキャンペーンやau Payを使うお得度にかかっているのではないかと思います。

auは、三太郎CMの訴求効果もありますので、後発といえども十分に勝機はあるのではないかと思います。

 

2つ目以降は、いわゆる還元策ですね。これもユーザーには、大きなメリットです。

4月に、AUユーザーだけにリリースした時は、チャージ関係でも還元があるという大判振る舞いでした。これを期待しているわけです。

4月スタート時のキャンペーンは、こちらの記事で紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

現在の特典です。

2.ミスタードーナツで10%還元

 9月30日まで、au PAYでミスタードーナツを支払いますと、10%のauウォレットポイントがもらえます。

条件としては、auウォレットプリペイドカードの申込が必要になります。

 

3.食べログ対象店で5%還元 

9月30日まで、au PAYで食べログ対象店で支払いますと、5%のauウォレットポイントがもらえます。

条件としては、auウォレットプリペイドカードの申込が必要になります。

 

auユーザー以外にリリースしたからといって、特別なキャンペーンが開催されたということではありませんでしたが、今後は、大規模になっていくのかもしれませんね。

 

 

 

auユーザー以外がau PAYを使う注意点

最後は、注意点です。

auでスマホを買ってMNPは使えない場合も

auでスマホを買って他社に乗り換えた方は、現在は使えないんですね。

公式が発表しているauユーザー以外でau PAYを利用できない機種と条件です。

 

auから発売している端末(※詳細は以下URLリンク先ページをご参照ください)を他社回線でご利用いただいているお客様
※au SIMカードを挿入せずに他社SIMまたはWi-Fi等でご利用いただいている場合も含みます。

出典:aupay

 

今後使えるように対応しているので、しばらくお待ちくださいということです。

 

まとめ:auユーザー以外もau Payを使った方がいいのか

感じ方の違いもありますが、auユーザー以外が、au Payをどうしても使わなくてはいけないという理由は、現時点ででは、幾つかのメリットをのぞいて観測できなかったように思います。

auウォレットに組み込まれたマネーフォワードをどう評価するかで変わってくるかもしれませんね。

ただ、今後、仕様は変わっていくことも考えられますので、しばらくは注目しておいてよいPayではないかと思います。

 

関連記事 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク