カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

d払いの始め方・使い方 / ダウンロードからポイントまで分かりやすく紹介

 ドコモ系にもいろいろと電子決済はありますが、d払いは、PayPay、LINE Pay、楽天ペイと同じスマホアプリ決済になります。

同じドコモ系のiD払いをスマホを通して決済しようとしますと、スマホの機種によってはできなかったりしますが、d払いはスマホ機種をほぼカバーして利用できます。

d払いは、dアカウントをつくれば、ドコモユーザーだけでなく、誰でも利用できる間口の広いドコモ系電子決済になっています。

このエントリーでは、d払いのダウンロードから使い方まで分かりやすく簡単に紹介します。

目次

 

では、d払いをダウンロードしてインストールしてみましょう。

d払いのダウンロードとインストール

 「d払い アプリ」で検索すると、アプリストアが出てくるので、そこからダウンロードします。

 アイフォンならアップルストア、アンドロイドならグーグルプレイになります。

これはアップルストアの画面です。

d払いのインストール

入手をタップしてインストールします。

このページに色々と特徴が書いてありますが、dポイントで支払えることがわかります。

 

インストールを終えてログインしたところからになります。

d払いの基本的な使い方

ログインはdアカウントとなります。(dアカウントがない場合は新規作成となります。)

インストールにそれほど難しいステップはないので、ポイントとなる画面だけを見て行きましょう。

dアカウントでログイン

d払いのログイン画面です。

d払いの基本的な使い方と最強安全性

dアカウントを入力しますと、次の画面でショートメッセージでセキュリティコードが飛んできます。

続いて、パスワードとショートメッセージに記載されたセキュリティコードを入力して、ログイン完了です。

 

d払いの説明が続いていよいよd払いのメイン画面です。

d払いの使い方

d払いのメイン画面

基本的な使い方は、画面上部のQRコードやバーコードを読み取ってもらって支払うだけです。

 

注目すべきは画面の下です。

dポイント支払いと電話料金合算払い

画面の下には、楽天ペイのようにポイント支払いの切り替えボタンがついています。これは便利ですね。

そして、この右にはポイントカードのアプリ版をボタンひとつで出せるようにしています。楽天ペイは画面の一番上にあったが、こちらの方が使いやすいですね。

黄色い鳥のイラストで誰でもこのボタンがポイントカードだということが分かります。

別のエントリーで書きたいと思いますが、dポイントは、かなりルールに習熟していないとミスを連発してしまうことがあるんですね。

 

画面の真ん中付近に目を移すと、デフォルトの支払いが電話料金合算払いになっています。ユーザーに便利な方法が追及されています。

個人的には、電話料金とは何となくわけておきたいこともあり、支払い方法をカードに変更したいと思います。

変更は画面左上のメニューから行います。

ここで、d払いインストールの最大の見どころとなります。

d払いのカード登録は3Dセキュア(本人認証サービス)方式

メニューのお支払い方法のボタンを選び次の画面に進んだ画面です。

d払いのカード登録は3Dセキュア

なんと、d払いのクレジットカード登録は、3Dセキュア方式が実装されているんですね。 (3Dセキュアに対応していないカードは登録できません。)

つまり、登録するカード会社のページで、あらかじめ3Dセキュアの暗証番号を登録しておくんですね。

 

dカードをd払いに登録する時のポイント

dカードの3Dセキュアについては、ちょっとしたポイントがあります。

こちらの記事では、PayPayにdカードを3Dセキュア(本人認証)で登録する方法を紹介していますが、dカードの本人認証自体は同じなので参考になるのではないかと思います。 

www.card-reviews.com

 

 

 

関連記事

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

   

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク