カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

メルカリに招待コードを使って会員登録する方法【300ポイントもらえる】メルペイの始め方

友達からシェアされた招待コードを入力して、メルカリ(メルペイ)アプリを会員登録しますと、300ポイントもらえます。

このエントリーでは、友達から聞いた招待コードを使って、メルカリアプリをインストールする方法とメルペイの始め方を、ステップ形式で紹介したいと思います。

目次

 

まずは、メルカリアプリのダウンロードです。

では、ダウンロードしてみましょう。

ステップ1:メルカリアプリのインストール

こちらのリンクからダウンロードできます。 

メルカリ&メルペイをApp Storeで

メルカリ&メルペイ - Google Play

 

アップルストアのアプリ画面です。 

メルカリアプリのインストール1

 ダウンロードアイコンをタップして、メルカリアプリをインストールします。

 

メルカリの説明が続いて、ログイン画面となります。

メルカリアプリのインストール2

このログイン画面では、3種類の登録ボタンがあります。

一番上は、使っているメールアドレスで登録する方法です。

グーグルのGメールやフェイスブックを利用している場合は、グーグルやフェイスブックのアカウントで、そのままログインできます。

個人的には、グーグルのアカウントで、ログインし、メルカリで売買をしていますが、グーグルでログインするということだけ覚えていれば、特に問題はありません。

この事例では、グーグルで登録するパターンをしてみたいと思います。

 

タップした後の画面です。

メルカリアプリのインストール3

グーグルのアカウントは、Gメールのアドレスなので、Gメールのアドレスを入力します。(グーグルのアカウントがない場合は、下のリンクから新規作成できます。)

 

ログイン後は、画面の手順に従って、会員登録をしていきます。

招待コード入力欄

最初の方の画面で、招待コード入力欄がありましたら、そこに、友達からシェアされた6桁の招待コード(例:BZSEBE)を入力しますと、300円分のポイントがもらえます。 

 

会員情報を入力し、最後の画面で、パスワードを入力して、会員登録完了です。(会員登録が完了しましたら、300ポイントがもらえるお知らせが通知されます。)

 

会員登録後は、メルカリのホーム画面となります。

メルカリアプリのインストール4

メルカリのホーム画面は、メルカリを使っていくに従って、そのユーザーがよく買うものが表示されるようになります。

メルカリの商品も、メルペイの設定で、かなり簡単に買えるようになりました。

 

 

 

次は、メルペイの設定です。

ステップ2:メルペイの簡単設定

画面下のメルペイのボタンをタップして、メルペイ画面に切り替えます。 

メルペイの簡単設定1

 メルペイ画面です。

まず、メルペイの基本として、現在の段階では、決済方法に、①iD払いと②コード払いがあります。

iD払いの場合は、ボタンをタップして設定が必要ですが、コード払いの場合は、残高があれば、コード払いのボタンをタップして使える状態です。

 

iD払いには、スマホ機種の条件があり、アイフォン(iOS端末)の場合は、iPhon7以上、iOSは10.1以上のバージョンがiDに対応し、アンドロイド端末は、Android 5.0がインストールされているおサイフケータイのスマホがiDに対応しています。

 

 では、iD払いの設定のために、画面中央のボタンをタップしてみましょう。

 説明が出て、次の画面になります。

電子マネーカード(iD)の作成

メルペイの簡単設定3

 設定開始の画面です。

作業の概要が書かれています。

アプリで電子マネーカード(iDのバーチャルカード)を作って、この電子マネーの情報をアイフォンならアップルペイに、グーグルならおさいふケータイに、追加することが書かれています。

 

設定をはじめるボタンをタップしますと、ショートメッセージによる端末認証があって、基本的には、手順に従って、ボタンをタップしていくだけの作業になります。

内容を確認して、1分ほどの作業になります。

作業を完了した画面です。

メルペイの簡単設定4

 設定完了をタップして、使えるようになります。

 

設定後のメルペイ画面です。

設定後のメルペイ画面

iDを使う時には、中央のボタンをタップして、スマホのかざし決済になります。

ポイントです。

メルペイのiDを使う時は、「iD(アイディー)」でと伝えます。

メルペイのコード支払いを使う時は、「メルペイ」でと伝えます。

 

この画面には、お得なクーポンもあります。

クーポン利用まで含めた、やや詳しめのメルペイの始め方はこちらの記事になります。

セブンイレブンのおにぎりが11円で買えるということで、人気がありました。 

www.card-reviews.com

 

次は、購入資金の確保です。

ステップ3:銀行口座を登録して残高にチャージ

 メルカリでの売上金がない場合は、銀行口座を登録してチャージする必要があります。

メルペイホーム画面の下にあるメルカリ設定から銀行口座を選んで、新規登録できます。

こちらの記事で、メルペイに銀行口座を登録する方法を簡単に紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

メルペイに適した銀行口座の特徴

メルペイに登録する銀行口座は、大手主要銀行でも問題ないんですが、利用回数が増えますと、急な入出金もあったりしますので、時間外でも手数料無料の銀行が適していると言えます。

イオン銀行ですと、24時間365日手数料無料となっています。ATMは、イオン系列の店舗やミニストップにあります。

イオン銀行の口座開設は、ネットでも申し込めますが、通常のキャッシュカードタイプよりも、キャッシュカードにクレジットカード機能がついた一体型のイオンカードセレクトがおすすめです。

 

イオンカードセレクトには、キャッシュカード機能のほか、電子マネーWAONやかざし系決済の国際基準VISAタッチもついていて、カードとしての完成度が高いんですね。

このカードで、イオン系列のスーパーで、20日、30日は5%オフになるのも大きいです。年会費も無料です。 

こちらのページから申し込めます。

イオンカードセレクト【年会費無料】(最大6000円分ポイントプレゼント中)

 

関連記事 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク