カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

三井住友カード 20%キャッシュバックのポイントと留意点 / Amazonギフト券やSuicaチャージも対象

スポンサーリンク

 現在、三井住友カードの20%キャッシュバックキャンペーンが開催中です。

6月1日から始まっている企画なんですが、9月2日から12月27日までの期間、プレゼント上限が8000円から12000円に50%増額されます。

こちらが、12000円キャッシュバックの公式アナウンスです。

お得なキャンペーン実施中|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カード 20%キャッシュバックの特徴は、還元対象のひろさです。そして、全額バックが10万本当たるただチャンも同時開催です。

このエントリーでは、三井住友カード 20%キャッシュバックキャンペーンのポイントと留意点を紹介してみたいと思います。

目次

 

 三井住友カード 20%キャッシュバックのポイント

まず、キャンペーンの概略です。

キャンペーン参加の3つのステップ

三井住友カード 20%キャッシュバックのポイント

概略的には、ステップ1で、三井住友カードに新規入会し、ステップ2で、入会月の2ヶ月後までに、三井住友カードの公式アプリであるVpassにログインします。

ステップ3で、入会月の2ヶ月後までに、申し込んだカードを使います。

そうしますと、カード利用した金額の20%がキャッシュバックというかたちで、毎月プレゼントされます。その合計金額の上限が12000円になります。対象となる支払い金額は60000円となります。

 

入会月ごとのスケジュール

入会月の2ヵ月後の部分については、もう少し詳しい条件とあわせて、スケジュール形式で図解してみました。

三井住友カード 20%キャッシュバックのポイント 入会月ごとのスケジュール

 申し込んでカードが発行された月が発行月になりますが、発行月によって、適用期間が変わることがポイントになります。

例として、9月が入会月になりますと、11月末までが、Vpassにログインして、カード利用する期間になります。

20%のキャッシュバックは、その2ヵ月後までに、随時、カード請求額の値引きというかたちでプレゼントされます。

 

事例です。Vpassの画面になります。

三井住友カード 20%キャッシュバックのポイント 事例

個人的には、上限8000円の期間で参加していますが、7月末にマクドナルドで、490円をVISAのタッチ払いして、8月1日に490円の20%の98円が値引きというかたちでプレゼントされています。

三井住友カードの通常設定は、15日締めの翌月10日払いですので、キャッシュバック込みの金額が9月10日引き落とされます。

 

その他、タイムスケジュール的な留意点としては、カードの申込み期限が12月27日までとなり、発行期限は1月末までとなります。 

カードを申し込んで、どの位で発行されるのかは、 最短で翌営業日の発行となっています。申込多数で時間がかかったとしても、現在ですと、期間は十分に残っています。

 

Amazonギフト券やSuicaチャージも対象?

そして、このキャッシュバックキャンペーンの一番の特徴は、対象のひろさです。

支払いに関わる対象外はありますが、購入対象外となる商品やサービスは、キャンペーンの要項には、ほぼ書かれていないんですね。 

現在のところ、Amazonギフト券やSuicaへのチャージも対象となります。三井住友カードですから、最後まで条件は変わらないと思いますが、やはり早めのチャージがいいんでしょうね。

こちらの記事で、三井住友カードでAmazonギフト券を20%オフでチャージする方法を紹介しています。 

www.card-reviews.com

  

複数枚の参加が可能

また、対象となる複数枚の三井住友カードを持っている場合は、複数枚が対象になります。これも大判振る舞いの条件になっています。

 

以降の内容は、各ステップごとのポイントを紹介します。

STEP1:三井住友カード新規申込のポイント

キャンペーン対象となるカードです。

STEP1:三井住友カード新規申込のポイント1

基本的には、プロパーのカードになりますが、キャッシュカード一体型やマスターカードも対象となりますので種類は多いです。

ただ、これらの中でも主要なカードはありますので、通常はそうしたカードの選択となるのではないかと思います。

 

三井住友カード 主要なカード5選

主要なカード5選です。

STEP1:三井住友カード新規申込のポイント2

年会費については、 三井住友デビュープラスカードは、18歳から25歳限定のカードですが、初年度無料で、1年に1回でも利用すれば、翌年度は無料になります。

 三井住友クラシックカード / 三井住友クラシックカードAと三井住友アミティエカードは、翌年度以降、利用条件によって年会費が無料となります。(年会費を無料にする方法は後述しています。)

三井プライムゴールドカードと三井住友ゴールドカードは、年会費は無料になりませんが、年会費を無料にする方法の条件を設定することで、年会費をかなり安くすることができます。

 キャンペーン対象カードの詳細と申込のページになります。 

ご利用金額の20%最大12,000円プレゼント-三井住友カード

 

これらの中で、最も基本となるカードは、 三井住友クラシックカードです。

最も定番で品格のあるカード

 三井住友クラシックカードです。

三井住友クラシックカード デュアル 表

左がVISAで、右がマスターカードです。同じ三井住友クラシックをデュアルで使っています。

デュアルで持っている理由としては、他の国際ブランドですと、海外で使えない場合があるんですね。VISAとマスターカードをコンビで持って行きますと、様々な場所でほぼ対応できることを経験で学びました。 

右のマスターカードは、旧さくらカードからの移行なので、30年近く使っていますが、国内で見た場合は、VISAが、VISAのタッチ決済が使えるということがあります。(カード表面にあるウェーブのマークです。)

 

裏面も見てみましょう。

三井住友クラシックカード デュアル 裏

左のVISAカードには、リアルカードでも、iDを申込で設定していますので、カード裏面に、iDのマークがついています。

右ののマスターカードには、iDは設定していませんが、両方とも、Apple Payに登録すると、iDが使えます。

また、秋頃からは、Google Payにも登録できるようになるようです。

どちらか1枚となりますと、VISAになりますが、デュアルで申し込んでも、2枚ともキャンペーン対象となります。

新規入会&Vpassログインで20%プレセント-三井住友カード

 

VISAのクラシックカード、アミティエカードは、通常は、翌年以降、年会費が1250円かかりますが、無料にする方法があります。 

年会費を無料にする方法

 これは裏技でも特殊な方法でもなく、三井住友の公式ページでも、年会費を無料にしたり、安くする方法が紹介されています。

三井住友VISAカードの年会費は割引、無料にできるの?|三井住友VISAカード

 

こちらのページでは、次の4つの方法が紹介されています。

  1. インターネットから入会で初年度年会費無料
  2. マイ・ペイすリボの登録と利用で年会費割引
  3. 前年度のカードご利用金額に応じて翌年度年会費割引
  4. カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で割引

 

1のインターネットでの申込はやっておきたい方法です。

24が、比較的どなたでも採用できる方法になります。

4は、郵送されるカード明細書をスマホ等のネット閲覧にすることで、500円(ゴールドカードは1000円)年会費から引かれます。

年に1回以上の利用という条件はありますが、2のマイ・ペイすリボの登録と利用で、VISAのクラシックカード、アミティエカードは年会費無料になります。

こちらのページの特典1に記載されています。

マイ・ペイすリボ|三井住友VISAカード

3の利用金額に応じては、利用状況によるところがあります。

 

マイ・ペイすリボとは

マイ・ペイすリボとは、自動的にリボ払いなる支払いですが、通常のリボ払いとは違います。

設定方法によって、1回払いということになりますが、通常のカード利用と同じ支払い方法ができます。

 

具体的な事例で紹介します。

 マイ・ペイすリボを設定した三井住友カードです。

マイ・ペイすリボを設定した三井住友カード

 枠内中央に、 マイ・ペイすリボと書かれ、その下に、元金定額コース30千円(3万円)と書かれています。ここがポイントです。

この元金以下の支払いは、1回払いとなり、金利の手数料はかかりません。

この元金3万円を越えると、2回以上のリボ払いとなり、金利の手数料がかかってきます。

この元金は、5千円からカードの利用額範囲内で自由に変更することができます。

例えば、このカードのリボ払いの利用枠が90万円となっていますので、90万円に設定すると、基本的に2回以上のリボ払いはなくなります。

 つまり、元金を自由に設定できるため、1回払いのクレジットカードと同じ使い方ができるんですね。

 

マイ・ペイすリボを設定していない三井住友カードについての事例です。

マイ・ペイすリボを設定していない三井住友カード

設定していないカードは、「リボ払い」とご指定くださいと書いてあります。

元金については、最初は、5000円に設定されている場合が多いです。

 

このページの下に、マイペイすリボの案内が出ています。

、マイペイすリボの案内

マイペイすリボは、Vpassから申し込めるようになっていますので、カードを申し込んでから、年会費の発生する2年目の数か月前ぐらいまでに、内容をよく理解して、申し込むようなことでもよいのではないかと思います。

 

マイペイすリボ初回登録で2000円プレゼント

ただ、マイペイすリボを初回登録しますと、条件達成(5万円以上の利用)で2000円もらえるキャンペーンが同時開催されているんですね。

留意点としては、カードが送られてきましたら、上記しましたような元金の設定をVpassを通して行うことです。

こちらがキャンペーンのアナウンスページです。

20%還元キャンペーンとあわせて最大14,000円!「マイ・ペイすリボ」を登録して5万円利用するだけで、2,000円プレゼント!

 

 

 

次は、Vpassログインです。 

STEP2:Vpassログインのポイント

 スマホにVpassアプリをインストールします。

「三井住友カード Vpassアプリ」をApp Storeで

三井住友カード Vpassアプリ - Google Play のアプリ

 

アプリストアの画面です。

STEP2:Vpassログインのポイント1

 入手をタップしてダウンロードします。

 

ダウンロード後の画面です。

STEP2:Vpassログインのポイント2

登録済の方はログインで、登録が済んでいない方は、新規登録ボタンをタップします。

画面の指示に従って登録手順を進めます。

 

最初の選択画面です。

STEP2:Vpassログインのポイント3

Vpassの登録とカードご利用代金WEB明細書サービスを同時登録を選びますと、郵送による支払い明細書をなくして、Vpass等での確認になります。

同意するボタンをタップして登録作業です。

 

STEP2:Vpassログインのポイント4

カード番号や必要情報を入力して登録完了です。

登録完了後は、念のため、ログインしておきましょう。

 

複数カードがある場合

一度、Vpassに登録しますと、複数カードがある場合は、自動的にカードが追加される感じです。

STEP2:Vpassログインのポイント5

カード選択ボタンがありますので、切り替えて使います。

アプリから必要に応じて、ウェブのVpassにつながりますので、使いやすいということに加えて、かなり細かい設定のできるアプリになっています。

 

 

 

次は利用方法です。

STEP3:クレジットカードかiD利用のポイント

クレジットカードの利用

通常のクレジットカードの利用も、キャッシュバック対象です。街中だけでなく、ネットも対象なので、広範囲な利用が可能になります。

VISAについては、VISAのタッチ決済が、マクドナルドやローソンで使えますが、20%キャッシュバックが実際についていましたので、対象です。

イオンカードの事例になりますが、こちらの記事で、マクドナルドやローソンでのVISAのタッチ決済の使い方を紹介しています。

www.card-reviews.com

 

iDの利用

iDの利用は、カードにiDを設定している場合は、「アイディーで」と言って使えますし、Apple Payにも設定して使えます。

キャンペーンページには、Apple Payも対象とは書かれていませんので、気になるところですが、事例で確認してみましょう。

STEP3:クレジットカードかiD利用のポイント

これはキャンペーン対象外のカードなので、キャッシュバックがあったかどうか分かりませんが、Vpassの明細にも、iDと書かれているので、現在のところは、大丈夫ではないかと思います。

終了したキャンペーンの内容ですが、こちらの記事で、三井住友カードをApple Payに設定する方法を紹介しています。(現在は、ウォレットからの設定になっています。) 

www.card-reviews.com

 

ただチャン全額バックにも期待したい

カード利用するだけで、全額バックがあることもキャンペーンの特徴となっています。

こちらが、上限10万円バックのただチャンの公式アナウンスページです。 

タダチャン! | 日頃の買い物が、タダ(上限10万円まで)になるチャンス!

  

最後に留意点です。 

キャンペーンの留意点

 PCからでもVpassはありますが、キャンペーン対象はアプリ版のVpassへのログインです。

その他にも対象外などの条件があります。

注意点です。

※キャッシングリボ、海外キャッシュサービス、その他ローンの返済金、リボ払い・分割払い手数料、年会費、弊社情報誌定期購読料、提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料、ご利用いただいた加盟店から弊社あて売上票の到着が遅れた場合はご利用の対象となりません。

※インターネットショッピングサイトなど、一部の加盟店では「カードでのご注文日」と「カードのご利用日」は異なる場合がございます。

※キャンペーン対象となる本会員のカードを2枚お持ちで(VisaとMasterなど)、両方とも条件達成された場合はそれぞれのカードにプレゼントいたします。

※家族カードのご利用分は本会員と合算いたします。

※PA会員のご利用分は本会員と合算いたしません。

出典:三井住友VISAカード

 

対象外となる条件です。

※三井住友VISAバーチャルカード/提携カード/法人カードでのお申し込みの場合
※すでにクレジットカードをお持ちの場合(弊社クレジットカードからのお切替えを含む)(エブリプラスは重複してお持ちいただける為、新規でお申し込みされた場合にはキャンペーンの対象となります。)
※家族カード/ETC専用カードのみ追加でお申し込みの場合
※必要書類(本人確認資料など)の不備などにより、カード発行期限までにご入会いただけない場合
※プレゼント対象者判定時に弊社カードを退会あるいは会員資格が停止された場合
※カードのご利用日が本キャンペーンのご利用期限を過ぎている場合
※プレゼント時点で口座解約またはその他の事由により、プレゼントを実施できない場合

出典:同上

 

 

 

関連記事 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク