カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

三井住友カードをGoogle Pay新規登録で2000円分キャッシュバックする方法(2月29日まで)

2月29日まで、三井住友カードをグーグルペイに新規登録して、2000円キャッシュバックされるキャンペーンが開催中です。

公式のキャンペーンページです。

Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ!

これは、以前から開催されているアップルペイ新規登録キャンペーンの対象にグーグルペイが加わったかたちになります。(アップルペイ版は、こちらの記事で紹介しています。)

使った金額の上限2000円まで100%還元されるキャンペーンのため、まだ参加されていない方がいるともったいない話ですので、三井住友カードをGoogle Pay新規登録で2000円分キャッシュバックする方法を紹介したいと思います。

目次

 

Google Pay新規登録キャンペーンのポイント

キャンペーンの概要

キャンペーンの概要です。

  •  期間:10月1日~2020年2月29日
  • 対象カード:三井住友カード
  • 期間中にGoogle Pay新規登録
  • エントリー制
  • 利用期間約3ヶ月
  • Google PayでiD支払い
  • 利用金額から最大2000円値引き

 

10月から始まっているキャンペーンですが、2月末で終了です。

対象の三井住友カードをはじめてグーグルペイに登録する場合が対象です。

エントリー制で エントリーした月から約3ヶ月が利用期間になります。

グーグルペイでiD払いすると、翌月以降に請求から最大2000円が値引きされます。

 

対象カードと対象外のケースをもう少し見てみましょう。 

対象カードと対象外のケース

対象カードは、三井住友の新規と既存のカードになり、提携カードも含まれます。

 

提携カードが対象かどうかは、Vpassアプリでキャンペーンに応募すると対象化どうか分かります。(後述しています。)

 

対象外のケースも見てみましょう。

・一部の提携カード、法人カードなど対象とならないカードがございます。
・過去にApple Payまたは Google Pay のiDを設定されたカードは本キャンペーンの対象となりません。
・複数の弊社カードでエントリーされた方は、先に条件を満たしたカードにのみ値引きします。(おひとりさまあたり最大2,000円が上限となります。)

・dカード プリペイド、SMBCデビットのご設定は、本キャンペーンの対象となりません。

出典:三井住友カード

 

過去にApple Payまたは Google Pay のiDを設定されたカードは対象外なんですね。

また、三井住友カードを複数枚持っていても対象となるカードは、このキャンペーンでは1枚です。

 

利用期間

 利用期間です。

利用期間

エントリーの期間によって、利用期間は変わります。

カードの支払日によっても変わりますが、現在の申込ですと、10日払いの方は5月15日まで、26日払いの方は、4月末までとなります。

 

値引きは翌月以降の精算で行われます。

事例です。

値引きの事例

去年の6月にセブンイレブンで支払った441円が、7月の支払で値引きされ、タダになります。

利用期間は約3ヶ月ありますので、上限2000円の残り1559円は、繰り越される仕組みです。

留意点

留意点です。

・対象期間前に、Apple Payまたは Google Pay に設定済のカードを削除し、対象期間中に再度設定された場合は対象となりません。

・iDバリュー付与時にApple Payまたは Google Pay の登録が削除されている場合は付与できない場合がございます。
・Apple Pay、 Google Pay に対応したオンラインショッピング(含むSuicaへのチャージ)のご利用分は、本キャンペーンの対象となりません。
・加盟店から弊社あて売上票の到着が遅れた場合、本キャンペーンの対象とならない場合がございます。
・弊社の判断により、特典の付与時期が遅れたり、本キャンペーンの対象とならない場合がございます。
・弊社の実施する複数のキャンペーンに同時に応募いただいた場合には、法令上の規制その他の事由によりキャンペーンの特典を重複して付与できない場合がございます。

出典:同上

 

 

 以降は、具体的なキャンペーン参加手順をステップ形式で紹介します。

 Google Pay新規登録で2000円分キャッシュバックする方法

STEP1:Vpassからエントリー

Vpassからのエントリーが必要になります。

Vpassアプリとは書かれていないので、ウェブページからでもエントリーできます。

こちらのページからエントリーできます。

Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ!|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

エントリー手続きの中でカードを選択できます。

エントリー手続きの中でカードを選択

4枚エントリー可能です。

この中で、エメラルド スタシアは、提携カードになりますが、対象なんですね。

しかし、このうち3枚は、すでにApple PayやGoogle Payに入れて使っていますので対象外となります。(1回入れて削除している場合等、主催者側では把握しようがないので、登録済かどうかは、ユーザー側の判断になるかと思います。)

4枚のカードのうち、未登録はエブリプラスだけでしたので、このカードでエントリーします。

 

エントリー後は、三井住友カードをGoogle Payに登録します。 (登録してからキャンペーンにエントリーでもいいです。)

STEP2:三井住友カードをGoogle Payに登録

決済的には、iDを使って、Google Payで決済するという仕組みですが、スマホにiDアプリが入っていない状態から登録してみたいと思います。

SIMフリーのGoogle Pixel3の画面です。

三井住友カードをGoogle Payで使う方法1

 グーグルペイのアイコンをタップします。

 

タップ後の画面です。

三井住友カードをGoogle Payで使う方法2

画面下の支払いアイコンをタップします。

 

タップ後の画面です。 

三井住友カードをGoogle Payで使う方法3

 支払い画面になります。

画面下の青い「+お支払い方法」のボタンをタップします。

 

タップ後の画面です。

三井住友カードをGoogle Payで使う方法4

画面下にポップアップメニューが立ち上がります

「クレジット/デビット/プリペイド」のボタンをタップしますと、カメラが起動しますので、カード番号等を読み取り、有効期限やセキュリティ番号を入力します。

(カメラが読み取った番号が間違っている場合は、手入力します。)

 

カード情報入力後は、画面の指示に従って、利用規約の同意SMSで本人認証を行い、登録完了となります。

三井住友カードをGoogle Payで使う方法5

登録後の画面に、メインカードとして設定できるボタンが出ますのでタップします。(※メインカードの設定画面が出ない場合は、カード一覧からメインカードにするカードをタップして、メインカードボタンにチェックを入れます。)

 

タップ後の画面です。(クラシックVisaを登録する事例となっています。)

三井住友カードをGoogle Payで使う方法6

iDのメインカードとして、三井住友VISAカードが登録されました。 

iDアプリが入っていなくても、登録できるみたいですね。必要であれば、途中で案内がでるのではないかと思います。

こちらの公式ページでも、Google Payの概要から設定法まで紹介されています。

 Google Pay の概要 クレジットカード設定・使い方のご案内

 

試しに、三井住友カードの提携カードを登録してみましょう。

同じ手順で登録します。

三井住友カードをGoogle Payで使う方法7

 阪神阪急系のスタシアですが、同じように登録できました。

登録するカードは、三井住友カード発行のカードであれば、提携カードでも登録できるみたいですね。

 また、リアルカードで、iDを申し込んでいないカードでも登録できます。

 

では、次に決済方法です。

STEP3:三井住友カードをGoogle Payで決済

 決済方法と言っても、お店の人に「アイディーで」と言って、リーダーにスマホをかざすだけですね。

アイフォンですと、ウォレットからカードを選んで、ホームボタンをグリグリと指紋認証するか顔認証ですが、Google Payの決済方法はかなりイージーになっています。

 

そして、Google Payの場合、スマホの電源をオフにしても決済できるんですね。

試しに電源を消して、決済してみましょう。 

三井住友カードをGoogle Payで決済

 決済できました。

つまり、どのカードをメインカードにするかということと、お店の人に支払い方法を伝えることがポイントになります。

ここで、間違って「クイックペイで」と言ってしまいますと、QUICKpayのメインカードで決済されます。

画面上で、個別のカードをタッチすると決済履歴が見れますが、表示は多少の時間的ズレがある場合があります。 

グーグルペイでiD決済しましたので、翌月以降に最大2000円分が値引きされます。

 

おさえておきたいGoogle Payの使い方

Google Payは、電源オフでも決済できることを知らない方もいましたので、Apple payとGoogle Payの主な違いをこちらの記事にまとめています。 

www.card-reviews.com

 

 また、Google Payは、ポイントカード機能がたいへん使いやすくなっていますので、こちらの記事に使い方をまとめています。 

www.card-reviews.com

 

 

 

関連記事  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

     

トップページ

 

スポンサーリンク