カードレビューズ

キャッシュレスまとめ・ポイント情報・お得なキャンペーン

僕がポケットWi-FiはBroard WiMAXを使い続ける3つの理由

スマホの他にタブレット、ノートP Cを持ち歩くことが多いため、ポケットWi-Fiが最も重要なガジェットとなっています。

ポケットWi-Fiは色々なところがサービスを提供していますが、個人的にはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を2年程度使っています。

過去には他社のポケットWi-Fiも使いましたが、現在はBroad WiMAXを継続して使っています。

激安&高速通信なら≪BroadWiMAX≫月額2,726円(税抜)~

このエントリーでは、ポケットWi-FiはBroad WiMAXを使い続ける3つの理由を紹介したいと思います。

目次

  

ポケットWi-Fiをどのように使っているか

 まず、個人的にどのようにポケットWi-Fiを使っているかです。

平均的な週の作業内容です。

  利用時間 作業内容 備考
月~金

10時~18時の時間に常時接続 / 18時以降は必要に応じて接続(7時間程度)

複数ジャンルのレビュー記事作成 ノートPCを使ったモバイル環境で Musicを聞きながらネット接続
土・日

必要に応じて接続(3時間程度)

基本は休み、必要に応じて適宜作業 Amazonエコー、ファイア、iPadのWi-Fi環境

 

月から金の平日は、家の外で作業することが多いため、ポケットWi-Fiを長時間使っています。

ネット接続しながら作業するわけですが、その時は、Amazon Music Unlimitedにつなぎっぱなしにしていることが多いです。

土日は、家で家事をすることが多いですが、その時は、ポケットWi-Fiで、Amazonエコー、ファイア、iPadを使用しています。(有線のネット環境はありますが、無線では飛ばしていません。) 

 

結論的には、これだけがっつり使っても、容量的には十分となっています。

 

Broad WiMAX使い続ける3つの理由

 Broad WiMAX使い続けている3つの理由です。

1.Broard WiMAXはUQ系

ポケットWi-Fiには、主にUQ系やヤフーWi-Fiがありますが、Broard WiMAXはUQ系となります。

 ポケットWi-FiではUQ系の選択がわりとスタンダードになります。

 

2.ハイスピードプラスエリアが使える

UQ系のWi-Fiには、ハイスピードとより広いエリアで使えるハイスピードエリアがあります。

以前は、ハイスピードしか使えなかったため、地域や実家方面に行った時に、Wi-Fiが使えなくて困りましたが、現在は、1ヵ月に7GBまでハイスピードエリアが使えるためストレスフリーになりました。

ハイスピードも、3日で10GBの利用制限がありますが、これまでに一度もかかったことはありません。実質上ギガ放題になっています。

土日に使う量が少ないので、月曜には1GBレベルのスタートになっている感じです。

 

3.コストパフォーマンスを計算した結果

Broard WiMAXにする前に色々と検討してみました。

その時の検討資料です。(約2年前)

コストパフォーマンスを計算した結果1

この時は、WiMAX2+を使っていて、3社ほど検討しています。

結論的には、ギガ放題の一番安いBroard WiMAXにしています。

 

同時に、その時契約していたスマホプランも見直しています。

コストパフォーマンスを計算した結果2

当時は、ドコモは7GBにしていましたが、スマホのウェブ利用でもなるべくポケットWi-Fiを使うことにして、ドコモを2GBの契約にしています。

ポケットWi-Fiがあると便利という理由が大きいですが、金額的にも安くなっています。

 

現在は、ドコモは新プランになったため、この表の内容ではありませんが、容量最大のギガホが30GBしばりで4980円/月となっています。

個人的には、平均、一日2~3.5GBを使っていますので、単純計算しても、ひと月60GB以上が必要で、30GBでは全然足りないんですね。

本日は、金曜日15時時点で、水木金と3日間フルに使って、ハイスピードの10GBしばりは、5.12GBという使用料となっています。だいたい一日2GB使っています。

7GB制限のハイスピードエリアの方は、2.2GB使っています。正月に実家方面に行ってたので、そこで使ってしまった感じですね。

 

使用量が細かくカウントできるモバイルルーター

現在、モバイルルーターは、2年前の契約時のNEXT W5を使っていますが、このルーターでは、設定で、ハイスピード、ハイスピードエリアに分けて、使用量を計測できるので便利です。

 

ポケットWi-Fi全体の使用料を見る3日間カウントです。

使用量が細かくカウントできるモバイルルーター1

 3日間で、ハイスピードとハイスピードエリアをあわせて1.97GB使った表示がでています。

 

表示を切り替えて、ハイスピードエリア(WiMAX+LTE)のカウントです。

使用量が細かくカウントできるモバイルルーター2

この時はハイスピードエリアしか使えないところで、かなり使っていたため、7GBしか使えないところを6.86GBまで使っています。

制限量をこえると速度制限がかかりますが、カウンターがついているため、ギリギリまで使えるんですね。

 

このルーターのカウントの設定の方法です。

使用量が細かくカウントできるモバイルルーター3

3日間のカウントでは、ハイスピードとハイスピードエリアを足して10GB上限なので、両方にチェックをいれます。

1ヵ月のカウントでは、ハイスピードエリアが7GB上限なので、ハイスピードエリアの方だけにチェックを入れます。

 

このルーターは、2年使っているため、バッテリーの能力が落ちていて、丸一日は持たず、どこかで充電する必要がありますが、特に不便は感じていません。

 

Broad WiMAXの料金プラン

Broad WiMAXの料金プランです。

Broad WiMAXの料金プラン

プランには、ギガ放題プランとライトプランがあります。

多く契約されるのはギガ放題プランで、個人的にも、ギガ放題プランですが、使い始めは2726円/月で、3ヶ月から24ヵ月目は3411円、25ヶ月目以降は4011円/月となります。

 

契約期間は3年間で、利用期間によって、利用料金があがっていきますが、使っているうちに、コストパフォーマンスの良さやメリットを実感できますので、個人的には、納得できる仕組みになっていると思います。

 詳細はこちらになります。

激安&高速通信なら≪BroadWiMAX≫月額2,726円(税抜)~

 

Broard WiMAXは違約金補填キャンペーン

 Broard WiMAXは、現在、違約金補填キャンペーン中です。

 モバイルWiFiだけでなく、光回線など、どのタイプのインターネット回線からの乗り換えても、違約金が発生する場合は、最大19,000円まで補填されるというキャンペーン内容になります。

 

 

 

関連記事 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク