カードレビューズ

お得キャンペーンまとめ・ポイント還元

Amazon Payで支払う方法 / ギフト券での決済がお得

Amazon Payで支払う方法を紹介します。

Amazon Payは、主にネットショップで使えますが、12月から国税納付でも使えます。

Amazon Payは、Amazonギフトカード(ギフト券)残高でも支払えるため、キャンペーンなどで入手したAmazonギフトカードで支払うとお得です。

この記事では、Amazon Payのおさえておくべき基本から、実際に使う方法まで、はじめての方でも分かりやすいように、ステップ形式で紹介します。

目次

 

ステップ1:Amazon Payの基本

Amazon Payを使う時に、おさえておくべき基本ポイントのチェックです。

まず、Amazon Payが使える条件ですが、Amazonのアカウントを持っていることと、Amazonにクレジットカードを登録していることの2つです。

 

次に、Amazon Payを使うメリットです。

Amazon Payの3つのメリット

Amazon Payの特徴として、Amazonではない他のネットショップで、Amazonに登録した住所や名前などの個人情報を使って、決済することができます。

 

Amazon Payを使うメリットとして、大きくは次の3つがあります。

  • 1.スピーディーに注文できる
  • 2.カード情報を入力する必要がない
  • 3.Amazonギフト券が決済に使える

 

1のスピーディーに注文できるは、Amazonの登録情報を使って注文するため、ネットショップに、住所や名前等を登録または入力する必要はなく、スピーディーに注文できます。
会員登録の特典がある場合などは、登録して、注文した方がいい場合があります。

 

2のカード情報などを入力する必要がないは、Amazonに登録したカードで決済するため、お店側にカード情報が伝わることはありません。

詳しくは、こちらのよくある質問で回答されています。

これはお店側にとっても、Amazon Payを支払い手段とすることで、カード情報などの取り扱いを気にする必要がないというメリットがあります。

 

3のAmazonギフト券が決済に使えるは、Amazonギフト券は、キャンペーン等を利用して、お得に入手できるため、お得に入手したAmazonギフト券で支払えば、他の通販サイトでもお得に買い物ができます。

留意点としては、多くのサイトでAmazonギフト券は使えますが、使えないサイトも一部あります。

Amazonギフト券のお得な入手方法は、ページの最後で紹介しています。(こちら

 

Amazon Payが使えるネットショップ 

Amazon Payが使える主なネットショップ(ECサイト)は、こちらのページで紹介されています。

Amazon Payが使える人気ECサイトを探そう!

 

トップページにカテゴリのリストがあります。

アパレル・シューズをタップします。

 

タップ後の画面です。

Amazon Payが使えるお店のリストが出ます。

お店ごとに、Amazonギフト券やあと払い(ペイデイ)が使えるかどうかが分かります。

店名をタップすると、ネットショップのサイトに移動します。

こちらのページで紹介されている以外にも、多くのネットショップでAmazon Payは使えます。

 

個人的には、小規模な洋服店や古着屋さんのウェブショップをよく利用するので、Amazon Payが使えると、住所やカード情報を入力しなくても決済できるので、かなり便利だと感じています。

Amazon Payは国税納付にも使えますが、街場の個人のお店に、大きなネットモール並みのアドバンテージを与える手段になるのではないかと予想しています。

 

Amazonギフト券での決済がお得

Amazon Payの支払いをAmazonギフト券にすると、通常会員で0.5%還元、5月からはプライム会員で1%還元あります。

Amazonギフト券もお得に入手できるため、二重にお得です。

 

概要

  • 期間:5/11~
  • プライム会員は0.5%→1%
  • 通常会員は0.5%
  • Amazonギフト券での還元
  • 国税納付は対象外

 

↓詳細

最大1.0%Amazonギフトカード還元プログラムのご案内

 

還元は、Amazonギフト券の還元になり、ギフト券残高に付与されます。

還元事例です。

Amazonギフト券での還元があるため、個人的には、使える場合はわりと使っています。

 

12月からは国税納付にも利用可能

12月1日からは、国税の納付にも、Amazon Payを利用することができます。

[手続名]スマホアプリ納付の手続|国税庁

 

国税納付に使えるスマホアプリ決済です。

主に使えるのはQRコード決済ですが、Amazon Payも使えます。

 

また、Amazon Payを使った時の支払いは、Amazonギフトカード(Amazonギフト券)残高になります。

サイトにアクセスすると、ギフトカード残高払いが明示されています。

 

ステップ2:Amazonにクレジットカードを登録

Amazon Payでは、クレジットカードの登録が利用条件であるため、Amazonにクレジットカードを登録します。(登録済みの方は、ステップ3へ)

Amazonギフト券を決済に使う場合でも、ギフト券残高が足りなかった場合、残りをクレジットカードで支払う仕様になっています。

 

 アマゾンのトップページにアクセスします。(スマホ画面での事例になります。)

画面右下の三本線メニューをタップします。(パソコンは右上の自分の名前の部分)

 

次の画面です。 

「アカウントサービス」ボタンをタップします。

 

タップ後の画面です。

「お客様のお支払い方法」ボタンをタップします。

 

次の画面です。 

画面の下の方にある「お支払い方法を追加」をタップします。

 

タップ後の画面です。

クレジットまたはデビットカードを追加をタップします。

 

次の画面で、イオンカードの情報を入力します。 

まず、「アカウント上の名前を使用」にチェックが入っていましたら、外します。

決済の名義人は、カード表面に表示されたローマ字になります。(「JIRO SUZUKI 」など」になります。(JIROと SUZUKIの間は半角スペース)

カード表面のカード番号を入力します。

有効期限もカード表面に書かれていますので、自分のカード情報にあわせてから、「カードを追加」ボタンをタップします。

  

Amazonの登録に使うのは、名前とカード番号と有効期限の3つになります。

 

次の画面で、請求先住所の確認があり、元の画面に戻ると、その次の画面で、カードが支払い方法として追加されたことが確認できます。

支払いカードが複数ある場合は、カード番号の下4桁と有効期限で、登録したカードを確認します。

 

還元率の高いカードがお得

還元率の高いカードの登録が一般的にお得です。現在では、1%程度あれば、高還元率になってきています。

 

三井住友カード ゴールドNLの還元率は0.5%ですが、1年に100万円以上使った場合、1万ポイントもらえるため、実質は1.5%還元になります。

また、1度でも1年に100万円以上使うと、ゴールドカードの年会費(5500円込)が、永年無料になるため、年会費を支払わずにゴールドカードを持つことができます。

 

こちらの記事で、三井住友カード ゴールドNLを紹介しています。

www.card-reviews.com

 

ステップ3:Amazon Payで支払う

ネットショップで、Amazon Payで支払う方法です。

支払い方法としては、最後の支払い方法の指定で、Amazon Payを指定するだけです。

 

以降は、Amazon Payの支払い事例です。

ネットショップでの支払い事例

簡易なベルト(テープベルト)をリーバイス公式オンラインストアで買う事例です。

リーバイス公式でもAmazon Payが使えます。

【LEVI'S 公式通販】オンラインストア

 

今回購入する商品をカートに入れた画面です。

レジへ進むをタップします。

 

タップ後の画面です。

このサイトの会員は、ログインして支払いますが、今回は、Amazon Payの支払い事例ということで、ログインしないで支払います。(ログインしても、Amazon Payで支払うことができます。)

 

画面の下の方です。

新規登録して購入すると5%オフでお得ですが、事例なので、会員登録せずに購入するボタンをタップします。

 

タップ後の画面です。

Amazon Payのボタンをタップします。(利用状況により、Amazonのログイン画面が出ます。)

 

タップ後もしくはログイン後の画面です。

中央の〇〇として続行ボタンをタップします。

 

タップ後の画面です。

Amazonに登録したお届け先住所が出ます。複数ある場合は、矢印で選択できます。

レジへ進むをタップします。

 

タップ後の画面です。

Amazonでのお買い物と同じように、お支払い方法の指定を行います。

この事例では、Amazonギフト券残高が3000円分ありますが、商品価格が3000円を越えているため、不足分はクレジットカード支払いになります。

支払い詳細を見るために、変更をタップします。

 

タップ後の画面です。

残りの残額がJCBカードで支払われる設定になっています。

ギフトカードの残高のチェックを外すと、クレジットカードのみの支払いとなります。

試しに外してみます。

 

ギフトカードのチェックを外した画面です。

この設定では、JCBカードでの支払いになります。

もう一度、支払い設定を変えるために、変更をタップします。

 

タップ後の画面です。

もう一度、ギフト券の利用にチェックを入れ、カードを三井住友カード ゴールドNLに設定します。

支払い方法を設定後、注文するをタップします。

 

タップ後の注文画面です。

こちらは、通常の注文完了画面になります。

 

Amazonからも、注文確認メールが届き、時間を空けて、支払い完了画面が届きます。

支払い明細に予定、支払い設定通り決済されたことが分かります。

 

Amazon Payのサイトにログインすると、これまでのAmazon Payでの利用履歴も分かります。

Amazon Pay | 簡単で安心なオンライン決済を | アマゾンペイ

 

目次に戻る

 

Amazonギフト券をお得に入手

Amazonでの購入は、Amazonギフト券の支払いがお得です。

お得に入手したAmazonギフト券で、Amazonのベビー関連商品を買うとさらに安く買えます。

 

対象者限定のキャンペーンになりますが、Amaoznギフト券に現金で5000円以上チャージすると、1000円分のボーナスがもらえるオファーがあります。

初回限定ですが、5000円の商品ですと、実質20%還元となります。

こちらのページにアクセスすると、対象かどうか分かります。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

 

こちらの記事で、詳しい内容を紹介しています。

www.card-reviews.com

 

また、その他のAmazonギフト券 キャンペーンは、こちらのまとめ記事で紹介しています。

www.card-reviews.com

  

プライム会員はクレジットカードでチャージした方がお得

プライム会員の方は、こちらのページからエントリーして、5000円以上クレジットカードでチャージすると、0.5%のAmazonポイントがもらえます。

還元上限も回数制限もありません。

特設ページに表示されるクーポンコードを入力する方式になっていることが留意点で、還元上限がないため何度でも利用できます。

↓特設ページ 

クレジットカードギフト券チャージで0.5%ポイント: ギフト券

 

Amazonギフト券は、日常的に使えますし、有効期間10年あるため、貯めておくこともできるため、お得な機会にチャージしておくと無駄になるということはありません。

  

元手なしで15000円分のAmazonギフト券を入手する方法

開催中のマイナポイント第2弾を利用して、Amazonギフト券を入手する方法です。

 

第2弾キャンペーンの概要です。

  • ①マイナポイント申込利用で最大5000円分 → 1/1から開催中
  • ②健康保険証の利用登録で7500円分 →6月30日から開催中
  • ③公金受取口座の登録で7500円分 →6月30日から開催中

 

すでに、①の5000円分をもらった方は、第2弾では②の健康保険証と③の銀行口座登録で計15000円分がもらえます。

まだ、5000円分をもらってない方は、計20000円分がもらえます。

①の5000円分は、25%還元のため、2万円チャージか利用が必要ですが、②と③の15000円分は、元手なしで15000円分のAmazonギフト券を入手することができます。

↓詳細

マイナポイント事業

 

ポイント的には、2022年の6月30日より前に、マイナポイントを申込んだ場合は、①の5000円分と②と③の15000円分の受取ポイントを変えることができます。

個人的には、①の5000円分はPayPayポイントでもらいましたが、②と③の15000円分はJREポイントでもらいました。

 

つまり、マイナポイントをSuica(JREポイント)でもらっておくと、モバイルSuicaを通じて、Amazonギフト券にチャージすることができます。

元手がかからないため、かなりのお得感があります。

こちらの記事で、具体的な手順を紹介しています。

www.card-reviews.com

 

 

 

 関連記事

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク