カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

LINEポイントをAmazonギフト券に等価で交換する方法 / LINE Payカードで1ポイントから有効活用

LINEポイントをアマゾンギフト券に等価で交換する方法を紹介します。

具体的には、LINEポイントを一度、LINE残高に交換して、LINE Payカードで、Amazonギフト券にチャージします。

チャージタイプのAmazonギフト券になりますが、LINE Payカードで1ポイントからチャージすることができますので、あますところなくLINEポイントを使いきることができます。

また、Amazonギフト券の有効期限は10年あります。

LINEポイントの有効期限は6ヶ月ですので、大幅に期限を延ばすことができます。

そして、この交換作業には、出金時にかかるような手数料は、一切かかりません。

このエントリーでは、LINEポイントをAmazonギフト券に等価で交換する方法を、実例を通して、ステップ形式で紹介したいと思います。 

目次

 

まず、LINEポイントをLINE Pay残高に交換します。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換

LINEアプリの右下をタップしてウォレット画面を出します。

ウォレット画面です。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換1

この事例では、LINE Pay残高は、24,869円となっていまして、そしてその下の緑のPの横の1,939ポイントがLINEポイントになります。

 

では、LINEポイントをLINE Pay残高に交換します。

画面中央のLINEポイントのアイコンをタップします。

LINEポイントのメイン画面になります。 

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換2

初期設定は、ポイントを「貯める」画面になっていますので、横の「使う」ボタンをタップします。

 

利用状況に応じて、利用規約への同意画面がポップアップします。 

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換3

黄色でマーカーした部分をタップして内容を確認後、右下の同意ボタンをタップします。

 

LINEを氏名や住所を登録しないで利用している場合は、プロフィールの入力画面が続きます。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換4

氏名や性別、生年月日、住所を次々と入力していきます。

ここに入力した情報は、基本的に公開はされません。誕生日については、公開か非公開が選べます。LINE プロフィール+に入力しないと、ポイント交換できない設定になっています。

 

 必要情報を入力しますと、LINEポイントを「使う」画面になります。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換5

その時々で、LINEポイントでもらえる様々なメニューが並んでいますが、メニューの中からLINE Payを探します。

 

LINE Payボタンをタップしますと、ポイント交換画面になります。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換6

画面上部に表示されているポイント数を見ながら、入力窓に交換するポイント数を入力して、画面下の交換ボタンを押します。

これで交換完了です。

 

 交換できているか確認します。

STEP1: LINEポイントをLINE Pay残高に交換7

ポイント数が0となり、残高が、交換した1,939ポイント分だけ残高が増えています。

 

 

 

次は、LINE Payカードの作成です。LINE Payカードのを作成済の方は、STEP3に進みます。

STEP2:LINE Payカードの作成

LINE Payカードを持っていなくても、バーチャルカードであればすぐに発行できて、アマゾンギフト券にチャージすることができます。

とりあえず、バーチャルカードをつくるのがおすすめです。

LINE Payバーチャルカードのつくり方(即時発行)

 LINE画面の右下をタップして、ウォレット画面を出します。

STEP2:LINE Payカードの作成1

画面上の「+」をタップします。

 

 LINE Payの画面になります。

STEP2:LINE Payカードの作成2

「バーチャルカードをすぐに発行」のボタンが出ていると思いますので、このボタンをタップします。

 

次の画面です。

STEP2:LINE Payカードの作成3

まずは「バーチャルカードを発行」ボタンをタップして、パスワードを入力して完了です。

 

 次に、Amazonでの支払いに必要な情報を確認してみましょう。

Amazonの支払いに必要なLINE Payカード情報

LINE Payカードのプラスチックカードとバーチャルカードの券面に書かれている情報は基本的に同じになります。

まず、画面上で、LINE Payカードの画面を出してみましょう。

LINEの右下をタップしてウォレット画面を出します。 

STEP2:LINE Payカードの作成4

 「+」をタップしますと、LINE Payの画面となります。

 

LINE Pay画面です。LINE Payカードが発行されますと、LINE Payの画面が変わります。画面上部に、その時に使用しているLINE Payカードが表示されます。

STEP2:LINE Payカードの作成5

これは、バーチャルカード発行後で、プラスチックカードを申し込んでいない状態の画面です。

ネットショップの支払いには、カード番号と有効期限と氏名を使います。(後述しますが、使うのは自分の名前です。)

このバーチャルカードの状態で、Amazonで利用できます。(プラスチックカードを申し込みますと、一時的に、LINE Payカードの利用は停止されますが、設定で利用することもできます。)

 

次に、プラスチックカードですが、現在、発行されている方は、実際のカードを確認します。 

プラスチックカードの表面です。

STEP2:LINE Payカードの作成5

 表面の情報は、バーチャルカードと同じですが、セキュリティコードが裏面に書かれているという違いがあります。

カードの名義人は、バーチャルカードもプラスチックカードも、LINE MEMBERとなっていますが、ネットや街中の決済では、自分の名前を使います。

Amazonの場合は、Amazonで通常使っている名前をチェックして利用することができます。

 

参考のために、ネットショップでのカード名義に関するLINE Pay公式の説明です。

インターネットショッピングでの利用
お店だけではなく、インターネットでのお買い物でも使えます。

クレジットカード払いを選択して、カード番号や有効期限を入力してください。 カード名義人の名前は、自分の名前をローマ字で入力してください。(例:「YOSHIO SATO」)

出典:LINE公式ブログ

 

こちらの記事では、LINE Payカードをバーチャルカードとプラスチックカードに分けて、始め方と使い方を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

最後に、LINE Payカードを使って、Amazonギフト券にチャージです。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする

まず、アマゾンのアカウントにLINE Payカードを登録します。 

アマゾンにLINE Payカードを登録する

 アマゾンのトップページにアクセスします。この事例では、ウェブ版の方です。

まず、支払い方法に、LINE Payカードを追加します。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする1

 左上のメニューをタップします。

 

次の画面です。 

STEP3:Amazonギフト券にチャージする2

「アカウント」ボタンをタップします。

 

次の画面です。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする3

お支払い方法の管理をタップします。

 

次の画面です。 

STEP3:Amazonギフト券にチャージする4

お支払い方法を追加をタップします。

 

次の画面で、LINE Payカード情報を入力します。 

STEP3:Amazonギフト券にチャージする5

決済の名義は、アマゾンで使用している名前でも、ローマ字で入力しても大丈夫です。

「アカウント上の名前を使用」するのが早いんでしょうね。

有効期限を、自分のLINE Payカード情報にあわせて、「クレジットカードを追加」ボタンをタップしますと、LINE Payカードが支払い方法として追加されます。

 

では、アマゾンギフト券にチャージします。

Amazonギフト券にチャージする

 まず、アマゾンギフト券(チャージタイプ)のページにアクセスします。 

こちらです。

Amazonギフト券(チャージタイプ)

 

アクセスしますと、最初は、アマゾンギフト券(チャージタイプ)の説明ページになります。 

STEP3:Amazonギフト券にチャージする6

「チャージする」をタップしますと、金額選択画面になります。

(LINE Payのキャンペーンがない時は、現金でチャージしますと、プライム会員で最大2.5%の還元、通常会員で2.0%のがありますので、お得です。)

 

チャージの金額入力画面になります。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする7

 ボタンでも好きな金額が選べるようになっていますが、一番下の入力欄では、1円単位で好きな金額を入力できます。

この事例では、交換するLINEポイント数の金額を入力しています。持っているLINE Pay残高以下の金額であれば、きりのよい金額でもよろしいかと思います。

 

 

金額を選択もしくは入力後、「次へ」ボタンをタップした画面です。

支払い方法の選択画面になります。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする8

ここで、LINE Payカードを選びます。

この事例では、JCBカードが2枚登録されていますが、下4桁は表示されていますので、それで分かります。

利用状況によっては、再度、カード番号を入力する場合があります。

LINE Payカードを登録していない場合は、一番下の「新しいお支払い方法を追加」ボタンからも登録できます。

 

次の画面です。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする9

必要に応じて、支払い方法がLINE Payカードになっているか確認し、 この内容で注文を確定させます。

 

少しすると、チャージされます。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする10

残高がチャージした1,939円分だけ増えています。

 

LINEウォレットにも支払い通知が届きますが、LINE Pay残高を確認してみましょう。

STEP3:Amazonギフト券にチャージする11

残高は、最初と同じ金額になり、LINEポイントだけが、0になっています。

手数料は発生していませんので、1ポイントも無駄にすることなくLINEポイントをAmazonギフト券に等価で交換できたことが確認できるかと思います。

 

チャージされたAmazonギフト券の使い方は、支払い時に、Amazonギフト券を選ぶだけなので簡単です。

 

Amazonギフト券(チャージタイプ)

 

関連記事 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

   

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク