カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

ゆうちょPayデビューで500円もらう方法【ダウンロードと初期設定だけ】先着100万名 #ゆうちょペイ

スポンサーリンク

5月8日から、ゆうちょPayがスタートしました。

こちらが公式ページです。

ゆうちょPay-ゆうちょ銀行

ゆうちょPayは、早くから導入のアナウンスがあったため、期待も高く、どのようなアプリになるのかも注目を浴びていました。

個人的には、ゆうちょダイレクトを使った難しめの設定方法になると予想していましたが、まったく違いました。

ダウンロードも設定も簡単だったのです。

現在ですと、ゆうちょPayのダウンロードと初期設定で、先着100万名で500円がもらえます。作業のイージーさを考えますと、かなりコスパの高い500円になっているのではないかと思います。

このエントリーでは、ゆうちょPayをダウンロード して500円をもらう方法紹介したいと思います。

目次

 

ゆうちょPayデビューに必要なもの

ゆうちょPayをダウンロード して500円をもらうために必要なものはこれだけです。

  • ゆうちょ銀行の口座
  • キャッシュカードの暗証番号
  • メールアドレス

そして、スマホです。(ほとんどのスマホで利用可能です。)

他のスマホ決済も必要なものはこんな感じでありますが、ゆうちょPayデビューは特にイージーだなと感じました。

 

以下は、具体的な手順になりますが、ゆうちょ銀行の口座がないよという方もおられると思いますので、ゆうちょ銀行の口座の開設方法から紹介したいと思います。

ステップ1:ゆうちょ銀行の口座をつくる

はんこと免許証などの本人確認資料を持って近くの郵便局に行きます。つくるのは総合口座になります。

窓口で、「ゆうちょ銀行の口座を開設したいんですが」と伝えますと、簡単な申し込み書面に必要事項を記入して、20~30分ぐらいでできます。

口座を開く-ゆうちょ銀行

 

用途は貯蓄用とかでいいと思うんですが、最初の預入金額が必要となります。個人的には、1万円を入金しました。

当日、郵便局で渡されるのがこちらです。 

ステップ1:ゆうちょ銀行の口座をつくる

 お知らせと口座の通帳です。あっという間に口座が開設できます。

この申し込み時に、キャッシュカードの暗証番号(4桁)は登録しましたので、この段階で、ゆうちょPayが、理論的には使えると思いますが、登録情報がゆうちょ銀行に反映される時間はやはり必要になるかと思います。

 

その後、すぐにキャッシュカードが簡易書留で送られてきます。

キャッシュカードが簡易書留で届く

ゆうちょ銀行のキャッシュカードが簡易書留で届く1(郵送1回目)

キャッシュカードにはICチップもついています。

キャッシュカードを受け取った後は、ゆうちょダイレクトやワンタイムパスワードが発行できるトークンの申し込みなど、様々な設定がオプションでできるんですが、ゆうちょPayには、とりあえず必要はありません。

こちらの記事で、ゆうちょ銀行の口座開設から、ゆうちょダイレクト、トークンの申し込みまで、通しで紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

では、ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定です。

ステップ2:ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定

ゆうちょアプリはこちらからダウンロードできます。 

「ゆうちょPay 」をApp Storeで

ゆうちょPay - Google Play

 

 App Storeのダウンロードページです。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定1

入手をタップします。

ダウンロード後は、通知や説明ページがありましてログイン画面になります。

 

ログイン画面です。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定2

初めての利用ですので、アカウント登録をタップします。 

 

この後、メールアドレスと希望ログインIDの登録があります。(重複可能なのか分かりませんが、今なら自分の名前をログインIDできました。)

メールアドレスとの認証があり、その次の画面で、名前や生年月日、電話番号等の入力があり、ログインパスワードと決済時に使う6桁数字のパスワードを設定します。

 

基本情報を登録した後は、口座情報設定になります。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定3

ゆうちょ銀行を選択し、その後、ゆうちょ銀行(即時振替受付)を選択し、金融機関(ゆうちょ銀行)での設定となります。

こうした登録の流れを見ますと、現在はゆうちょ銀行しかリストにあがっていませんが、将来的には、ゆうちょ銀行以外の銀行も登録できる余地を残している感じですね。

銀行が直接、決済の最前線に出てくる可能性があるということです。秋から始まるBank Payですね。連携型のPayが今後は有利になりそうな展開です。

そうした意味で、このゆうちょPayはエポックメイキングなペイと言えそうです。

 

次に、即時振替サービスの利用規定に同意し、ゆうちょ銀行の口座情報を入力して行きます。
この時、使う情報です。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定4

 通帳の表紙裏やキャッシュカードに記載されている5桁の記号8桁の番号です。

この記号と番号と、キャッシュカードの4桁の暗証番号を使い、手順に従って登録を進めます。

最後に、「講座振替申込」ボタンをタップして、登録完了です。

 

登録完了画面です。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定5

画面に、ご利用上限金額の設定方法が表示されています。使いすぎを抑制するための設定ですね。

左上の×アイコンをタップしてこの画面を閉じます。

 

次に画面です。

ゆうちょPayアプリのダウンロードと初期設定6

 前の画面で、500円はもらえると思いますが、この画面になると確実ですね。

 

ゆうちょダイレクトで確認したところ、500円はまだ振り込まれていませんでした。

ゆうちょPayの500円はいつもらえるのか? 

公式サイトにもらえる時期の説明がありました。

口座設定完了後、翌月以降の月末(予定)に、お客さまの登録口座へ入金いたします。

出典:ゆうちょ銀行

 

 翌月以降の月末(予定)となっています。まだ少しかかりそうですね。

なお、500円がもらえる期間は、9月30日までとなっています。

 

最後に使い方を少し見てみましょう。

ステップ3:ゆうちょPayの使い方

ホーム画面です。

ステップ3:ゆうちょPayの使い方1

デフォルトのホーム画面は、コード表示画面となっています。タブで、コード表示かコード読取を切り替える方式になっています。左上の3本線がメニューです。

中央のアイコンをタップして、初期設定で登録した決済用パスワードを入力しますと、コードが表示されます。

現在は、かなりシンプルな構成ですので、今後アップデートして機能が付加されていくことが予想されます。

 

コード画面です。

ステップ3:ゆうちょPayの使い方2

このコード画面をコンビニなどで読み取ってもらうだけになります。

 

早速、このゆうちょPayを持って、ドラッグストアのウェルシアに行って、コード決済してみました。

ステップ3:ゆうちょPayの使い方3

今日からスタートということで、確かにウェルシアでは、ゆうちょPayが使えました。

ゆうちょPayの残高については、現在は、ゆうちょダイレクト残高照会アプリで確認する方法となります。

こちらの記事で方法を紹介しています。 

www.card-reviews.com

 

ウェルシアの他には、このゆうちょPayはどこで使えるのでしょうか?

ゆうちょPayが使えるお店

 ゆうちょPayは、ゆうちょPayか銀行Payのマークがあるお店で使えるようです。

このマークです。

ゆうちょPayか銀行Payのマークがあるお店

 

カテゴリー的には、お店・施設と請求書とキャッシュアウトです。

キャッシュアウトと言いますのは、東急線の券売機で、ゆうりょ銀行の口座から出金できるサービスです。

こちらの公式動画でキャッシュアウトの方法は紹介されています。

ゆうちょPay キャッシュアウトご利用方法 - YouTube

 

 現在、ゆうちょPayが使えるお店をチェックしてみましょう。

ゆうちょPayが使えるドラッグストア

ドラッグイン キムラヤ、ウェルシア、ハックドラッグ、ウェルシアダックス、ハッピードラッグ、ビビオン(B.B.O.N)、マルエドラッグ

ゆうちょPayが使える家電量販店

ヤマダ電機、マツヤデンキ、ツクモ、ベスト電器、エディオン、100満ボルト、ケーズデンキ

ゆうちょPayが使えるお店・サービス

芝田タオル、東急スノーリゾート

今後ゆうちょPayが使えるお店

 今後ゆうちょPayが使えるお店はこちらのページで案内されています。松屋は5月中旬からということでした。

ゆうちょPayが使えるお店-ゆうちょ銀行

 

関連記事  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com