カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

LINE Pay×ビックカメラ等最大20%還元・おすすめ購入法と禁断の合わせ技で高還元率も可能(4月17日まで) #ラインペイ

スポンサーリンク

4月1日~17日まで、LINE Payがビックカメラ、コジマ、ソフマップで、最大20%還元キャンペーンを開催中です。

公式のアナウンスです。

新生活応援!ビックカメラ、コジマ、ソフマップ最大20%還元キャンペーン

 

LINE Payによる新生活応援キャンペーンです。

新シーズンを迎えるにあたって、3月末までに必要なものを揃えておけばいいんですが、いざ新生活がはじまってみますと、あらためて必要なものが出てきますので、こうした家電量販店系のキャンペーンは助かったと思う人が多いのではないでしょうか。

このエントリーでは、LINE Payのビックカメラ等最大20%還元キャンペーンのポイントと、還元率を最大にするおすすめ購入法、そして、新生活を応援するという主旨で、禁断の合わせ技も紹介したいと思います。

目次

 

1.LINE Pay×ビックカメラ等最大20%還元のポイント

まず、このキャンペーンのポイントです。

  • 期間:4月1日~17日
  • コード支払いで15%還元
  • マイカラー加算で18.5~20%還元
  • 還元上限ひとり3000円

 

3月の超Payトク祭では、LINE Payカードでの支払いも対象になりましたが、今回は、コード払いのみが対象となります。

新生活応援キャンペーンの還元率は15%になります。

コード払いで3%が加算されるマイカラーのキャンペーンが7月末まで継続中ですので、利用度に応じて、合計の還元率は18.5~20%になります。

 還元対象となる最大の支払い金額は、20000円となります。(25000円の商品までですと、後述します合わせ技を使って、高還元率の買いものができます。)

このキャンペーンの還元は、LINE Pay残高で、6月10日~20日頃にもらえます。

マイカラーによる3.5~5%の還元はすぐに反映され、数日後にLINEポイントでもらえます。

 

また、同時に、100円以上の支払いで、1~200円があたるもらえるくじがもらえます。

くじがもらえる期間は、4月末までです。

くじの説明(スマホ版)ページです。

LINE Pay もらえるくじ

 

基本的な確認として、3月の超Payトクで、マイカラーがランクアップした方も多いと思いますので、まず、自分のマイカラーを確認してみましょう。

マイカラーを確認 

 LINE画面の右下をタップして、ウォレット画面を出します。

マイカラーを確認 1

画面上の「+」をタップします。

 

LINE Payの画面になります。 

マイカラーを確認 2

 画面下のマイカラーのアイコンをタップすると、自分のマイカラーが確認できます。

この画面に、基本の還元率と、コード支払いでの還元率が書かれています。

画面の下には、リアルタイムの利用実績に応じた翌月のマイカラーがグラフで表現されています。

 

LINE Payの還元プログラムは、何重取りもの構造になっていますが、マイカラープログラムを基本から理解することで、還元の仕組みをすっきり理解することができます。

こちらの記事で、マイカラーの基本ポイントとよくある疑問を整理しています。 

www.card-reviews.com

 

 

 

次に、実際に、ビックカメラ、コジマ、ソフマップで商品を購入する手順になります。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップは、同じグループの会社なので、購入時の仕組みは基本的には同じになります。ポイントカードも共通で使えます。

2.還元率を最大にするおすすめ購入法

 まず、ショッピングゴーの準備です。

ショッピングゴーを利用するための準備

 ショッピングゴーは、参加店のお店に行って、マイカードを見せると、ポイントがもらえるLINEのサービスになります。

ショッピングゴーを利用するための準備です。

LINE画面の右下をタップして、ウォレット画面を出します。

ショッピングゴーの準備1

マイカードのアイコンをタップします。

 

マイカードの画面になります。

ショッピングゴーの準備2

 Tカードやポンタのモバイルカードともに、ビックカメラのマイカードが並んでいます。

ビックカメラの文字の下に書いてある緑の数字が、ショッピングゴーでもらえるポイントです。現在は、0.5%となっています。

グレーで塗られている状態はまだ使えませんのでタップします。

 

確認画面が出ますので、取得しますと、次の画面になります。

ショッピングゴーの準備3

ビックカメラのLINEマイカードになります。

これは、ショッピングゴーに使うバーコードで、ビックカメラの会員証ではありません。

マイカード画面のアイコンをタップすることで、この画面を出せます。

 

また、この画面には、開催中のキャンペーン情報が表示されていますので、これもざっくりと確認するのがおすすめです。

現在ですと、4月14日まで、このバーコード提示で、エアコン、冷蔵庫、洗濯乾燥機などの購入で、最大5000ラインポイントがもらえます。

 

同じように、コジマやソフマップのマイカードを有効化します。コジマやソフマップのアイコンは画面の下にあります。

ショッピングゴーの準備4

 ビックカメラ、コジマ、ソフマップのアイコンを揃えて準備完了です。

 

では、ビックカメラ、コジマ、ソフマップで実際に買う手順です。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップで実際に買う手順

手順1:ショッピングゴーのマイカードを提示(+0.5%)

 まず、対象店舗のショッピングゴーのマイカードを提示します。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップで実際に買う手順1

この画面のバーコードを読み取ってもらいます。

 

次に、ビックカメラ、コジマ、ソフマップのポイントカードもしくは、モバイルのポイントカードを提示します。

プラスチックカードはお店の人に提示するだけですので、この事例では、モバイルのビックカメラポイントカードの例で紹介します。

画面右下の「+」をタップしますと、この画面となります。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップで実際に買う手順2

ビックカメラのアイコンをタップしますと、ビックカメラアプリをダウンロードできるページが出ますので、そこで、ビックカメラアプリをダウンロードして、インストールします。(ビックカメラアプリは、お店に行く前にインストールしておいた方がいいですね。)

 

手順2:ビックカメラ等のポイントカードを提示(+8~13%程度)

ショッピングゴーのポイントカードを見せ終わりましたら、ビックカメラのアプリを立ち上げます。

スマホ機種によっては、マイカードから直接行けるのかもしれませんが、クーポンの確認が必要なため、個別の立ち上げとしています。

左上の三本線メニューをタップします。

ビックカメラ等のポイントカードを提示1

メニューの中から、クーポンをタップします。

適用できるクーポンが並んでいます。

ビックカメラ等のポイントカードを提示2

新規会員登録をした記念のポイントアップクーポンが出現しています。

 

これをタップします。

ビックカメラ等のポイントカードを提示3

いわゆるビックカメラのポイントアップクーポンです。

ビックカメラでは、商品ごとに、8%とか10%の還元がついていますが、その還元に3%が加算されます。

このバーコードをお店の人に読み取ってもらいます。

 

クーポン読み取ってもらいましたら、今度は、画面右下をタップして、モバイルポイントカードを出します。

ビックカメラ等のポイントカードを提示4

お店の人にバーコードを読み取ってもらいます。

アプリで新規会員登録の方は、この段階で、11.5~13.5%の還元率になっています。

 

最後は、ラインペイの支払いです。

手順3:ラインペイのコードリーダーで読み取り

ビックカメラは、スキャナー読み取り方式のQRコード決済なので、ウォレット画面からコードリーダーのアイコンをタップします。

ラインペイのコードリーダーで読み取り

お店の人が出してくれるQRコードをカメラで読み取って、支払い金額を入力して決済です。 

LINE Payの18.5~20%の還元がオンされますので、ビックカメラのアプリ新規登録の方は、30~33.5%の還元率になっています。

少し手順が必要になりますが、20000円以下の商品をビックカメラで買う場合は、この方法がお得です。

コジマ、ソフマップも、ビックカメラグループなので、ほぼ、同じ手法が使えます。

一度、練習してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

欲しいものが25000円なんだけど、どうしよう? という方におすすめなのが、ビックカメラだからこそできる禁断の合わせ技になります。 

3.PayPayを併用する禁断の合わせ技

禁断の合わせ技とは、ビックカメラで、25000円の商品を買う場合に、20000円をLINE Payで支払い、残りの5000円をPayPayで支払う方法です。(PayPayのくじは、分割飼いの還元対象外となっています。)

 

なぜ、こんなことができるのでしょうか?

この合わせ技が、よく知られることになった背景を少し見てみましょう。

禁断の合わせ技が生まれた背景

 PayPayの2018年12月の100億円キャンペーンで還元された残高で買い物しようとしたケースです。

PayPayの支払い設定では、PayPay残高が5000円あって、6000円の商品を買う場合は、残りの1000円をクレジットカードとかで支払えるわけではないんですね。

PayPay残高5000円は使われずに、6000円全額がクレジットカード払いになってしまったんですね。つまり、PayPay側ではまたぎ払いができないんです。

それを知らずに使った人が続出したために、これはいったいどうしたものかと思っていますと、ビックカメラが、ウチはまたぎ払いに対応しますよと、名乗りをあげたんですね。

それがこのツイートです。

 

 

 重要部分を抜き出してみましょう。

 

他のお支払い方法との併用も可能でございます。ぜひご利用くださいませ

 

ビックカメラでは、他のお支払い方法との併用ができるんですね。

コジマも併用ができますし、ソフマップでもおそらくできると思います。

 

実際の支払い方法です。

禁断の合わせ技の方法

支払い例で言いますと、25000円の商品を買う時に、LINE Payキャンペーンの還元対象となる上限の20000円をLINE Payで支払って、PayPayキャンペーンの還元対象となる上限である5000円をPayPayで支払います。

お店の人に、「20000円をLINE Payで支払って、5000円をPayPayで支払います」と言えばいいんですね。

 2で紹介した方法の最後に、PayPayの支払いを足すだけです。

この買い方ですと、25000円の商品価格まで、ビックカメラの還元を入れて、30%程度の高還元率で買うことができます。

(ただ、この方法はスマホの性能をフル使用しますので、スマホ機種によっては、読み込みや立ち上がりに時間がかかってちょっと厳しいかもしれません。)

 

 

 

関連記事

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク