カードレビューズ

PayPay・LINE Payとクレジットカードのお得な使い方・ QRコードとポイント還元

PayPay第2弾100億円キャンペーン【必勝3カ条】攻略ポイント・狙い目商品・注意点 #ペイペイ

スポンサーリンク

PayPayの第2弾100億円キャンペーンが、2月12日から開催されます。

公式のアナウンスページはこちらになります。

第2弾100億円キャンペーン | PayPay株式会社

還元総額が100億円という点は前回と変わりませんが、1回の支払いあたりの還元上限は1000円相当となり、日常での利用促進に焦点をあてたキャンペーンになっています。

と言いましても、キャンペーン期間中のひとりあたりの還元総額は5万円相当となっており、前回キャンペーン同様の大判振る舞いです。

キャンペーンの構成も前回同様、最大20%還元とくじの2段構えとなっており、支払い方法によって還元率や当選確率を変えているのも特徴的です。

このエントリーでは、PayPay第2弾100億円キャンペーンの攻略ポイント、狙い目商品、注意点をふまえながら、おさえておきたい必勝3カ条を紹介したいと思います。

目次

 

第2弾100億円キャンペーンの攻略ポイント

第2弾キャンペーンの攻略ポイントを、最大20%還元とくじに分けて、見ていきましょう。

まずは、最大20%還元の攻略ポイントです。

最大20%還元の攻略ポイント

還元の上限は、1回の支払いあたり上限1000円、トータルで5万円が上限になります。

還元率が20%であることから、適用される1回あたりの購入金額は上限5000円、トータルで25万円になります。

キャンペーン期間は5月13日までが予定されていますが、100億円の原資がなくなった時点で終了です。

しかし、今回は1回の支払いあたりの上限がおさえられたことで、早期終了はなくなったのではないかと思われます。(前回は1回の支払いで50000円の還元が上限でした。)

 

また、支払い方法により還元率が異なっています。

最大20%還元キャンペーンのポイント

出典: PayPay株式会社

PayPay残高(銀行接続)が20%、ヤフージャパンカードが19%、その他のカードが10%になっています。この支払い方法のいずれも、1回支払いにおける上限は、1000円相当で、期間中の増減は、5万円相当になります。

 

PayPay残高(銀行接続)の「(銀行接続)」の意味が気になるところですね。

ネットでは、銀行接続の表現があるため、キャンペーンでもらったPayPayボーナスでの支払いは対象外との声が多く確認されましたが、2月4日19時30分時点で、この銀行接続の表現は消えました。

銀行接続の文字が消えたことで、字面通りの解釈になりますので、PayPayボーナスも対象になる可能性が高くなります。

はっきりしていないような感じもしますので、公式から追ってアナウンスがあるのではないかと思います。(追記:ボーナスも対象に確定)

  

PayPay残高やPayPayライト、PayPayボーナスの用語の定義については、こちらの記事で紹介しています。現在のPayPay残高は、PayPayライト、PayPayボーナスの2種類で構成されます。

www.card-reviews.com

  

次は、くじです。前回の上限つき全額バックですね。

やたら当たるくじ(懸賞)のポイント

還元の上限は、1回の支払いあたり上限1000円、トータルで2万円が上限になります。トータルで2万円というのは、「PayPayで開催」キャンペーンと「Yahoo! JAPANとの共同開催」をあわせて2万円とのことです。

「Yahoo! JAPANとの共同開催」は、もうひとつ意味がわかりにくいですが、ヤフープレミアム会員に特典があるという解釈もできそうです。

 

このくじでも支払い方法により当たる確率が変わります。

やたら当たるくじ(懸賞)のポイント

出典:同上

くじの支払い方法では、PayPay(残高)とヤフージャパンカードのみになり、その他のクレジットカードは対象外となっています。

なんと、ヤフージャパンカード以外のカードはうまみなしです。

そして、通常のPayPayユーザーですと、10回に1回の当選確率ですが、ヤフープレミアム会員になりますと、驚いたことに5回に1回の当選確率になります。

5回に1回の確率はやたら当たりそうな感じがしますので、ヤフープレミアム会員に入っておくのがお得ということになります。

 

5回に1回の確率で当たるというくじの特性を活かして、還元率を36%にする方法の紹介記事です。

www.card-reviews.com

 

 

 

第2弾キャンペーンの狙い目商品の傾向

今回は、1回あたりの還元上限が1000円になりますので、日常的な決済が基本方針になります。

現在のPayPay導入状況から考えますと、基本的には、コンビニ、ドラッグストアでの利用がメインになるのではと考えます。

コンビニ、ドラッグストアで

 PayPayが使えるコンビニ、ドラッグストアのリストです。

コンビニは、ファミマ、ミニストップ、ポプラが使えます。3月26日(予定)からはローソンでも使用できます。 

www.card-reviews.com

 PayPayの前回キャンペーンでは、ビールなどのアルコール類も対象になっていましたので、スーパーの空いていない時間などはたいへん便利でした。

 

さらにお得に使う場合は、コンビニが導入している共通ポイントカードとの併用が基本になります。

www.card-reviews.com

 

これまで還元がなかった近所のお店

これまで還元のなかった近所のお店でもPayPay導入がかなり進んでいますので、最大20%還元がつくということで、おすすめの使い方になります。スーパーなどでも導入している地域があります。

小規模のお店での利用は、キャッシュレス化促進にもつながります。 

www.card-reviews.com

 

ディズニーなどのチケット類

前回のキャンペーンでは、ディズニーや映画・コンサートのチケット、高速バスチケットまでが対象となりましたので、今回も対象となる可能性が高いです。

対象となったチケット類のリストです。ファミマのファミポートの販売チケットが対象だったんですね。

www.card-reviews.com

 

前回はキャンペーン終了時にディズニーチケットの駆け込み買いが多数みられましたので、今回も対象になればゆっくり買えるのではないかと思います。

www.card-reviews.com

 

今回のキャンペーンの注意点です。

第2弾キャンペーンの注意点

 

PayPayボーナスでの支払いは対象になるのか

前述した内容ですが、いま一番気になっている人が多いと思う話題です。

公式からのアナウンスはありませんが、当初の表現から「(銀行接続)」が消えたことで、PayPay残高での支払いが対象になる字面通りの解釈でよいのではないかと思います。

公式ページでのPayPay残高についての説明になります。(2月5日現在)

PayPay残高には「PayPayライト」と「PayPayボーナス」が含まれています。

出典:PayPay-Help

 

もし、キャンペーンでもらえたPayPayボーナスが対象にならないとすれば、表現としては、PayPayライト支払いとなるんでしょうね。現在の還元対象は、PayPay残高支払いとなっています。

 

追記:PayPayボーナスもキャンペーン対象に確定

PayPayボーナスもキャンペーン対象に確定

出典:第2弾100億円キャンペーン

 

参考までに、PayPay残高の内訳を確認してみましょう。

一番下のメニューの残高をタップして、画面上部の「内訳を見る」から確認できます。

PayPay残高の内訳例です。

PayPay残高の内訳例

この例ですと、PayPay残高が現在143円あり、銀行口座からチャージしたPayPayライトが40円、第1弾キャンペーンでもらったPayPayボーナス103円あることが分かります。PayPayライトとPayPayボーナスを足して143円になりますね。

一番下に、現在処理中のPayPayボーナスが33円あります。見込のPayPay残高も分かって便利ということはあります。

 

クレジットカードの利用上限を変更(2月4日)

2月4日から、不正利用の強化のため、クレジットカードの上限が変更されています。

変更後の利用条件は、3Dセキュア(本人認証)でカード登録した場合でも、24時間で上限2万円、30日間で上限5万円に引き下げられています。

3Dセキュア(本人認証)でカード登録していない場合は、24時間および30日間で上限5000円に引き下げられています。

また、ヤフーカードからのチャージも本人認証なしでは利用できなくなりました。

詳しくは公式ページでのアナウンスになります。

クレジットカードご利用時の上限金額の変更について – PayPayからのお知らせ

 

キャンペーンでの利用金額との兼ね合いが気になるところではありますが、1回あたりの購入上限5000円はクリアしています。

トータル額25万円はクリアできませんが、もしクリアしようとしますと、複数月の利用と銀行口座チャージの併用というかたちになるかと思います。

PayPayは第1弾キャンペーンの終了した12月半ばから不正利用対策をずっと継続して行っており、その結果として、今の利用金額に落ち着いたと理解できます。

想定以下の金額でも不正利用が発生するおそれがあり、不正利用対策としての利用制限になります。

また、利用状況に応じて、利用上限が引き上げられることが公式ページには書かれています。

なお、今後、特定の条件を満たしたお客様には、ご利用の上限金額を引き上げることを検討してまいります。

出典:同上 

 

カード登録は3Dセキュア(本人認証)方式

アプリバージョンが1.7.0から、3Dセキュア方式によるカード登録が可能となりました。ほぼ必須と考えてもいいかと思います。

ヤフーカードの3Dセキュアによる登録方法を紹介した記事です。

www.card-reviews.com

  

一般的なカードの3Dセキュア方式による登録方法を紹介した記事です。 

www.card-reviews.com

 

 

 

最後に、今回のキャンペーンでおさえておきたい必勝3カ条になります。

PayPay第2弾キャンペーン【必勝3カ条】

1.銀行チャージした残高支払いがお得(最大20%還元)

銀行口座からチャージした残高支払いが、最大還元20%となるため、カード利用でない場合、銀行口座からのチャージがお得です。

 

ヤフーカードもキャンペーンでの還元率は19%ですが、カードポイントが100円に1ポイント貯まりますので、合計20%となり、銀行チャージと同じ最大還元率になります。 

2.登録カードはヤフージャパンカード一択(最大20%還元)

ヤフーカード以外のクレジットカードを利用する場合は、その他のカードでは、還元率が10%になってしまうことに加え、くじの参加資格がないのでまったくうまみがありません。

こうした理由により、カードを利用する場合は、ヤフージャパンカード一択となります。

ヤフーカードの審査は最短2分で完了し、1週間~10日程度で手元に届きます。

今回のキャンペーンは、1回の還元上限が1000円(前回は5万円、全額バックは10万円)におさえられたため、長く続くことが予想され、今から申し込んでも十分に間に合うと思います。

Yahoo! JAPANカード【年会費無料】(最大1万円分のTポイントがもらえる)

 

3.ヤフープレミアム会員がお得(5回に1回の確率で当たり)

 前回のキャンペーンでも、ヤフープレミアムに申し込んで会員になりますと、くじの当選確率が上がるためかなりお得でした。

前回は、ヤフープレミアム会員で、20回に1回当たりだったんですが、今回は、当選確率が5回に1回に大幅アップして、最大1000円の当たりとなっています。

会費も最大2ヶ月無料となっていますので、キャンペーンに備えて申し込んでおくのが明らかにお得です。

Yahoo!プレミアム会員トップページ【最大2ヶ月分無料】

 (申し込み後はPayPayへのID登録が必要で、こちらの記事で分かりやすく紹介しています。)

 

 関連記事 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク