カードレビューズ

PayPay・LINE Payとクレジットカードのお得な使い方・ QRコードとポイント還元

僕たちが楽天ペイを使う3つの理由 / 期間限定ポイントを無駄なく消化・ポイント支払いも少額カード決済もステルス

スポンサーリンク

楽天ペイは、控えめな印象がありますが、実際はグイグイ人気を高めています。

楽天ペイは、楽天ユーザーには使いやすかったということもありますが、ユーザー動向を分析していますと、決済事情に絡んだ3つの理由があることがおぼろげながら見えてきました。

このエントリーでは、楽天ペイの利用に関わる潜在的な動機をくみ上げ、僕たちが楽天ペイを使う3つの理由を検証してみたいと思います。

目次

 

僕たちが楽天ペイを使う3つの理由

楽天ペイを使う3つの理由です。

  1. 期間限定ポイントを無駄なく消化
  2. ポイント支払いの宣言が不要
  3. 少額クレジットカード決済もステルス

 

この3点の内容を簡単に見ていきたいと思います。

まず、理由1です。 

理由1:期間限定ポイントが無駄なく消化

楽天ポイントには期間限定ポイントという期限付きのポイントがあります。

この期間限定ポイントの概念は重要ですので、少しおさらいしてみましょう。

特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれ固有の「有効期限」が設定されていて、有効期限を過ぎると自動的に失効します。

出典:【楽天PointClub】:期間限定ポイントとは

 

 期間限定ポイントは、主にキャンペーンでもらえるため、ザクザク貯まるという性格がありますが、これまでは、ネットの楽天市場にアクセスしていないと、いつのまにかなくなっていることが多かったんですね。

楽天ペイで期間限定ポイントが日常的に見える化

しかし、楽天ペイの登場により、期間限定ポイントが日常的に見える化されたんですね。

 楽天ペイの画面を見てみましょう。

楽天ペイで期間限定ポイントが日常的に見える化

楽天ペイの画面上部に、ポイントが記載されており、そのうち期間限定ポイントが239ポイントあることがわかります。

かなりこまめに使っているつもりですが、いつの間にか貯まってしまいます。

ポイント払いとするかカード払いとするかは画面下のボタンで簡単に設定できます。

一番下に楽天からのお知らせが出ていまして、コンビニの初利用で、各店100ポイントもらえます。

楽天のキャンペーンの特徴はエントリー制で、このキャンペーンはまだエントリーしていないのでお知らせが出続けています。

こうした至るところでやっているキャンペーンでもらえるのが期間限定ポイントです。

 

では期間限定ポイントの有効期限を確認してみましょう。

画面上の「総保有ポイント」と書かれたあたりがボタンになっていますので、タップします。するとポイントクラブアプリが立ち上がります。(もしくはインストール手順がはじまります。)

ポイントクラブアプリで有効期限を確認

楽天ポイントクラブアプリの画面です。

ポイントクラブアプリで有効期限を確認

期間限定の239ポイントのうち、119ポイントが1月末が有効期限であることがわかります。

画面の一番下には、最新のポイントキャンペーン情報がずらずらっと見れるようになっており、できるものを学校のドリルのようにこなしていくとポイントがザクザク貯まる仕組みになっています。

しかし、うかつに深入りすると出てこれなくなりますので用事があるときはスルーが安全です。

レビュアーとして、楽天ポイント経済圏に試験調査に入ったところ、帰ってきたときにはダイヤモンド会員になっていました。圏域がかなり広いんですね。

 

この119ポイントだけ先に使いましょう。

有効期限の近いポイントだけ先に使う

楽天ペイの画面に戻り、画面下のボタンからポイント支払い設定を行います。

有効期限の近いポイントだけ先に使う

利用設定で、一部を使うを選びます。入力欄が出ますので、使ってしまいたいポイント数を入力します。これでOKです。不足分は、自動でカード払いとなります。

このように、楽天ペイなら期間限定ポイントも1ポイントの無駄なく使えるのです。

楽天の恵みをあますところなく使い切る日本らしい知恵が備わったペイと言えるかと思います。

 

 

 

次のポイントです。

理由2:ポイント支払いの宣言が不要

これは慣れの問題でもありますが、人によっては、「ポイント支払いで」と言うのが恥ずかしい場合があるかもしれません。

楽天ポイント加盟店のコンビニで、100円のあんぱんひとつ持って、「楽天ポイント支払いで」と言うのに躊躇してしまうひとがいたのではないかと思うんです。

本当は恥ずかしくもなんともないんですが、そう思ってしまったということはあるかもしれません。

しかし、楽天ペイにはこうした気づかいは不要です。

アプリの設定だけきちんとすれば、「ポイント支払いで」と言う必要がありません。

現在、ローソン、ファミマ、ミニストップ、ポプラで使えますが、ポイント支払いを意識することなく、1ポイントから使えます。

 

結局これは、ポイント宣言がステルスになったということなんですが、次の理由もステルスに関わる内容です。

理由3:少額クレジットカード決済もステルス

100円とか200円の決済で、クレジットカードを使うのにためらう人が意外と多いんですね。

コンビニやスーパーですとかなり前からサインレスで、レジに通すだけなので、レジ係の人からするとカード払いの方が早いです。

個人商店は、手数料がかかりますので、少額の場合は、現金にしてあげた方がいいんだろうなということがありますが、それ以外は問題ありません。

 

しかし、コンビニで100円のあんぱん買うのにカード使うのはカッコ悪いよねと思う人はいるだろうと思います。

しかし、楽天ペイならカード払いにしてもレジの人からするとカード払いかチャージなのかポイントなのか分からないのです。クレジットカード決済もステルスなんです。

何で払ったかというよりキャッシュレスの人だと思われるのです。

QRコード決済によって、少額カード決済に関わる心理的な障壁がいつのまにか乗り越えられていたのです。

 

以上が、僕たちが(僕たちがではないかもしれませんが)、楽天ペイを使う3つの理由になります。

 

 

 

関連記事 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

トップページ

 

スポンサーリンク