カードレビューズ

PayPay・LINE Pay・楽天ペイ・d払いとクレジットカードのお得な使い方・ スマホ決済とポイント還元

LINE PayがPayPayに仕掛ける20%還元キャンペーン「QRコード割り勘戦争」の勃発か【ネットの声まとめ】 #ラインペイ

スポンサーリンク

昨日、PayPay100億円キャンペーンが終了したばかりですが、LINE PayからPayPayキャンペーンに対抗するような20%還元キャンペーンが発表されました。

狙いすましたようなものすごいタイミングです。

早速、このLINE Payの20%還元キャンペーンの戦略と、このキャンペーンに対するネットの反応をチェックしてみましょう。

目次

(ツイッターの画像表示バージョンはこちらのページ

 

LINE Pay20%還元キャンペーンの戦略は?

 LINE Pay公式アカウントからの発表ツイートで内容を見てみましょう。 

LINE Pay支払で20%還元・上限額は5,000円相当

 

 

 還元額は20%バックで、還元上限額は5000円です。

実施期間は、12月14日~31日までです。月末にいつもやっている「Payとく」のスペシャル版といった感じですね。

PayPay100億円キャンペーンの上限額5万円と比べると見劣りする内容ですが、PayPayキャンペーンは現在終了しています。

ところが、LINE Payは、この20%還元に加え、割り勘キャンペーンを並行して展開しているのです。

LINE PayはPayPayに割り勘戦争を仕掛けるのか

 個人的には、ソフトバンクグループの巨大な資本力に対抗するために、LINE Payは局地的な戦いを仕掛けてくると読んでいましたが、そのフィールドというのが、飲み会や忘年会で繰り広げられる割り勘です。

ラインペイのCMでやっていますよね。

www.trends-driver.com

 

また、お友達同士や家族でショッピングや喫茶店に行った時に、割り勘をすれば、キャンペーンの主力特典である割り勘くじが適用されます。

実際、友達や家族で一緒に買い物やお茶をした時に、ラインペイで割り勘して、割り勘くじにあたっている声が多数あがっています。 

 

 

けっこう当たりまくっているようです。

割り勘の場であれば、上限5000円という金額はそれほどハンデになりません。

つまり、LINE Payの戦略は、LINEでつながった仲良しグループによるマーケットでの巻き狩りではないかと推測されます。

仲良しグループ戦略を通してQRコード決済でのシェアをひろげていこうとしているのではないかと思います。

 

PayPayのキャンペーンが続いていると仮定したPayPayとLINE PayのQRコード割り勘戦争を分析した記事になります。

www.card-reviews.com

 

 このLINE Payが使えるお店の代表的なものを見てみましょう。

LINE Pay 対象店舗サービス一例は? 

 LINE Pay 対象店舗サービス一例

 出典:PayトクSpecial

 コンビニでは、ローソンに加え、PayPayでスポットライトのあたったファミマもしっかりと入っております。同じくアインズ&トルペやジョーシンも入っています。

これが戦略というものです。

阪急阪神も入っています。ラインアップ的にもすごいですね。

オンラインでは、hontoが入っていますが書籍は除くようですね。これは残念です。

ZOZOタウンも入っています。

洋服も20%還元です。ラインの仲良しグループで思いっきり拡散されそうです。そのトラフィック量はラインにしか分かりません。

 

こちらの記事でも20%還元中のお店リストをまとめています。 

www.card-reviews.com

  

今回のキャンペーンでチェックしておきたい商品まとめになります。

www.card-reviews.com

 

ZOZOの公式アカウントも早速つぶやいています。 

ZOZOTOWN公式も思わずリツイート

 

 

ZOZOタウンは、ユニクロのヒートテックに対抗して、ZOZOHEAT(ゾゾヒート)を発売したばかりであり、さらにセールを重ねることで、ECコマースでの圧倒的なシェアを盤石にすると思われます。

LINE Payからしますと、ZOZOTOWNユーザーを取り込めるのは大きいですね。

 

LINE Payで見逃せないのは電気料金払い

 ラインペイは、請求書支払いができまして、九州電力とテプコの光熱費が支払えます。

通常のPayトクでは10%還元ですが、今回のPayトクスペシャル期間中は、20%還元されるんですね。送られてきたバーコードをスキャンするだけです。

www.trends-driver.com

 

以上は、先ほど発表された内容を見ての表面上の分析になりますが、当然、LINEを中心に据えた多面的・多層的な戦略が練られているだろうと思います。その射程は次第に明らかになっていくのではないかと思います。

 

LINE PayキャンペーンがPayPayより優れている点

現在の段階で、LINE PayキャンペーンがPayPay100億円キャンペーンより優れている点をまとめた記事になります。

www.card-reviews.com

 

 

 

次は、ネットの反応です。 

LINE Pay20%還元キャンペーンに対するネットの声

 

LINE Payまで2割還元はじめちゃったよ

 

 

LINE Pay、計ったかのように

 

 

PayPayキャンペーン終了してからすぐに始めるの賢い

 

 

みんな使えるLINE PAYの方が親切

 

 

LINE PAY入れるか

 

 

クレカ→kyash→LINE Pay→Google Payは強い

 

  

さぁ、どの決済方法が生き残るかな

 

 

 

 

コード決済の主導権を簡単に渡さない闘いだ

 

 

PayPayとLINE Payに期待!

 

 

キャッシュレス社会が粛々と進んでおります。

  

迎えうつPayPayの対抗手段は?

 PayPayとしては、上限額を3万円程度にして、忘年会シーズンまでキャンペーンを持たす戦略もあったと思うのですが、5万円というインパクトを選んだようです。 

PayPayとしては、新しいキャンペーンを投入しないと、割り勘戦争のフィールドではかなり不利になったと言えるのではないかと思います。

 そして、割り勘戦争の主戦場とは、PayPay立ち上げ時期に加入した飲食店です。

超スーパードブ板営業をできるのはソフトバンク以外にない

 

 

今回、PayPay100億円キャンペーンが早期終了したことで、PayPayに最初期に加盟した飲食店は恩恵をこうむっていません。

PayPayの忘年会にあわせたキャンペーンを予想

PayPay最初期に加盟した飲食店がメリットを感じれるようなキャンペーンがあるだろうと個人的には予想しています。

そうした特典を見て、お店に予約を入れることもあるでしょうから、お店側の期待も高いと思われます。

それに、飲み会や忘年会での話題ほど、ユーザー拡散の場はないと思うからです。

 

 

 

 関連記事 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

   

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.trends-driver.com

  

www.card-reviews.com

  

www.card-reviews.com

 

www.card-reviews.com

 

トップページ

 

スポンサーリンク